亀の甲菊目石珊瑚

f0280238_10173081.jpg


カメノコキクメイシ[学名:Favites abdita] の標本。
腔腸動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目キクメイシ科のサンゴです。
随分昔に、どこかの水族館で買ったもので、長いこと本棚の隅に飾ってあったのですが、ガラス戸付きの本棚のため、私にしては比較的きれいに保存されています。

カメノコキクメイシは漢字表記すると「亀の甲菊目石」。
見たままの名前ですが、こうして標本になると本当にその造形の美しさが際立ちます。

が、現生体はなかなかグロテスク。
水族館やアクアリウムで見かけても美しい!!よりも、自然て凄いな・・・と三点リーダのついた低いトーンの感嘆になります。
「キクメイシ」で画像検索などして眺めていると、くらくらしてきます。

f0280238_10173076.jpg


アップで撮影。
ルーペなどでじっくり観察していると、なんだか心がざわざわします。
そういう変な心のざわめき、揺らぎが好きでついつい、じーっと見てしまいます。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
[PR]
トラックバックURL : http://zabiena.exblog.jp/tb/20202903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zabiena | 2013-08-14 10:17 | | Trackback | Comments(0)