イギリス、ヴィンテージリプロダクトの望遠鏡

今日は大江戸骨董市ですね。

前回は荒天のため延期になって残念でしたが、今日は何とか持ちそうです。
子羊舎さんが出店されるそうで、是非行きたかったのですが…子供の習い事の送り迎えの都合で午前中は外出できず…。
午後も私一人で二人の男の子連れでは無理ですし、夫は一昨日・昨日と風邪で寝込んでいた私の代わりに子供を二日間面倒見てくれて疲れて寝てますから、後ろ髪引かれはしますが、今回は諦めるとします。

行かれた方は是非、ご感想など教えてくださいね。
ちなみに、味の素スタジアムに出店されていた「ストーレッジ」さんは今回の大江戸骨董市にも出展される予定と話しておられました。ご興味のある方は是非。

(蛇足ながら、夫の優しい配慮のおかげで、私の風邪は完治しました。ご心配なく。)

f0280238_9462464.jpg

さて、こちらは先日の味の素スタジアムアンティークフェスタ(当日のレポート記事はこちら)で「NARUNIYA.Co」さんにて購入した望遠鏡です。

アンティーク風の木箱に入っています。

f0280238_9564715.jpg

蓋を開けたところ。

この望遠鏡自体は20~30年前のもので、古いものではないのですが、イギリス海軍の軍用品などを制作していた会社が、1920年代当時の鋳型をそのまま使って製作したいわゆる「リプロダクト」品です。

仕様等は1920年代のものそのままなので、なかなかかっこいいですね。

f0280238_9595775.jpg

組み立てたところ。
素材は真鍮。

実はこれ、だいぶお安くしていただいたのですが、その理由というのは。
真鍮製の未使用品で20~30年前のものであるがゆえに、会場では蓋が開かなかったのです。
絶対にあきますが、もし万が一、開かなかったら返金します、とお名刺を頂いたのですが、帰宅してから温めてゆっくり回したら簡単に開きました。
真鍮は膨張・収縮する金属ですから、こういう気まぐれもあるのですね。

未使用品ですからレンズなどは驚くほどきれいです。
本物のアンティークの望遠鏡などは主婦が気軽に買える値段ではありませんが、その上レンズが無事なものはめったになく、非常に高価です。
専門知識を追求するのではなく、雰囲気を味わう程度な私のようななんちゃって博物趣味の主婦には、このくらいがありがたいです。
子供たちにも気兼ねなく触らせてあげられますしね。
実際に使える、私にとってはこれが重要です。

f0280238_1031824.jpg

リプロダクト品なので、当時の刻印もそのまま入っています。

NARUNIYAさんのお話だと、1920年代当時、イギリスの軍用品はインドなどの英領で大量生産されたのだとか。
その鋳型を使ってリプロダクトされたのがこの望遠鏡などなのですが、そうしたリプロダクト品は主にアメリカなどのへの輸出用だったようで、こちらもまた、アメリカの倉庫で眠っていた品とのこと。
他にもコンパスや天測航法の道具など、心惹かれるものがたくさんありましたが、予算に限りもありますから、これと天秤を購入するにとどめました。

ああいう場では誘惑が多くて困りますね。

などとぼやきつつ、先月もまたきっちりお小遣いを使い果たした私でした。
残りの戦利品については後日、ぼちぼち紹介していこうと思っています。

―――

今後の非常に心惹かれるイベントについて。

第四回東京蚤の市
 今回は出店者リストにフジイキョウコさんのお名前はありませんが、ラガード研究所さんは出展される予定のようです。毎回、古書店ブースが気になっています。インゼル文庫なども持ってきているお店があります。
 また、活版印刷のワークショップは今回もあるようですね。
 実家の近くですから、行けたら行きたいなあ、と思っています。

第22回東京国際ミネラルショー
 言わずと知れた、鉱物の祭典。
 今年も行きたいです。準備してますが、子供がいますから絶対に行けるとは限りません…。
 12月のこのイベントに向けて、お小遣いをためておかねば…と思うのですが毎年、準備しきれていないうちに12月になるという…。

実家が府中市なので府中市立美術館へも今月中に行く予定です。


行けないけれど気になっているイベント。

・本日の有楽町で行われている大江戸骨董市。
 文頭でご紹介した通り。
 以前から子羊舎さんの大ファンです…その割に、まだ一度もイベントに行けたためしがありません…。悲しい。

GO GREEN MARKET
 本日と明日、京王フローラルガーデン アンジェにて開催。
 素敵なイベントのようで、園芸好きの方にはたまらないだろうな…と思いつつやはり、私は行けません。
 行かれた方は是非、ご感想など教えてください~

デザインフェスタvol.38
 昨日と今日、開催中。
 言わずと知れた大人の文化祭です。今回は行けませんが…来年5月には…出店したいな、と頑張るつもりです。
 きらら舎さんは本日限定の出店。
 ほか、透明標本のお店も何店舗か出展されている模様です。
 楽しいですよね…行けませんけども…。


他にも何か素敵な催しをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてくださると嬉しいです!
行けるかどうかは…家族の協力次第なので微妙ですが…。

それでは皆様も、よい連休をお過ごしください。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押していただけると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://zabiena.exblog.jp/tb/20753773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mio at 2013-11-03 18:29 x
きゃーーー!!
とってもとっても素敵な望遠鏡!
眼福です*ありがとうございます!
真鍮製、刻印、全体の雰囲気…どれをとってもかっこよくてたまりません^^
この望遠鏡で見る空はより美しく感じてしまうかも…。
機会があれば是非欲しい一品です。

北海道在住なのでイベント羨ましいですー。
こちらは特に心惹かれるイベントがないのですよね…知らないだけでしょうか…むむむ。
ミネラルショー的なイベントはあるのですが、それほど大きい規模でもなく近年は行ってなくて…。

実物を見て買いたいけど、なかなか><
子供が小さいと(うちの娘は次男君と同い年です)動ける時間が取れないのもありますし、気になるものはネットで探して通販頼りです。
Commented by zabiena at 2013-11-04 01:08
mioさん

えへへ、そんな風に言っていただけると嬉しいですー。
生活必需品ではないので全く持って無駄遣い、ではあるのですが心の栄養ということで(笑)
子供たちはこれを「海賊だ!!船長だ!!」と喜んでいます。

イベント、札幌でしたら私が毎年この時期になると「札幌に行きたい!!」となるイベントがありますが、ご存知でしょうか。

http://www.sapporo-christmas.com/

アンティーク関連ではないので少し物足りないかもしれない、とも思いますが、私が夫と何年か前に行った折には、胡桃の中に入ったミニチュアの幼子のイエス様とマリア様、とか、ツリーに飾る用のミニチュアスノードームとか、蝋燭やクリスマスの飾りなどがずらーーーっと屋台で並んでいて、それはそれは素敵でした。
焼き栗などを食べながら回ったのですが、雪景色の中、クリスマスの買い物なんて本当に風情があっていいな、と印象的であれからずっとこの季節になるとまた行きたいと思い出します。

夫は北海道で大学時代を過ごした人で、私たちの結婚に結びつく思い出も札幌です。
今も義父が単身赴任でいますから、札幌には何年かに一度行っているのですが、このところ夫の休みが取れず行けてません…
Commented by mio at 2013-11-04 02:16 x
あ、嬉しいです!ミュンヘン市をご存知とは。
クリスマス大好きなので(自分の誕生日が近いせいもありますが)毎年行っております♪
冬のお祭りでイルミネーションと共に並ぶクリスマスマーケットは雪も相まって風情がありますね。

アンティークや骨董市ではないので、すっかり忘れていました(笑)
このイベントは心惹かれます。

Zabienaさんご夫婦の思い出の地が札幌なのは地元民として嬉しいです。
札幌いい所ですよー(寒いけど)と誇らしくなります*
どんな思い出があるのか、ちょっぴり知りたいけれど、それはzabienaさんとご主人だけの宝物だといいなと思います^^
Commented by zabiena at 2013-11-04 21:23
mioさん

やはりご存知でしたか!
素敵な催しですよね~!毎年本当に、また行きたいなと思っています。
地元の方でしたらおなじみの催事なのでしょうが…8年間大通公園から徒歩五分の距離に住んでいた夫、私と訪れるまで知りませんでした…

最初に見た時には本当に感動しました。
9年ほど前のことです。

当時は私たち夫婦もまだ恋人同士でしたが、夫は3歳年下なのでまだ学生で、美しいキャンドルホルダーやツリーの飾りなど見るもの見るものは欲しがる私を少し呆れ気味に見守っていました。

私にとってあの雪景色の中のあのお祭りは「若かった夫と私」の象徴で、今も思い出すたびにきゅんとします。特に藻岩山から眺めた、雪の夜景はきっと一生忘れません。

今ですら、千葉で暮らしている夫より、札幌にいるときの夫の方が男前な気すらします(笑)おんなじ人なのに変ですね。

なんて、ずいぶんのろけてしまいました、失礼しましたー。
食べ物もおいしくて、人も優しくて、そして何より景色が良くて。
札幌、大好きです。
Commented by mio at 2013-11-04 21:54 x
おおお、甘酸っぱい素敵なお話を聞かせていただき嬉しいですv
幸せな思い出のお話は心が温まります☆ありがとうございます^^

9年前というと私達夫婦も恋人同士でしたが、クリスマスには毎年サッポロファクトリーのクリスマスツリーを見に行くのが恒例でした。
こちらも巨大ツリーと赤いレンガと天井のイルミネーションのコントラストがロマンティックでなかなか素敵なのですよ。
去年は行けなかったので、今年…も行けないかもしれない、けどまた見に行きたいです。

あちこち見て回って夫が呆れ気味なのはうちも同じです(笑)
Commented by zabiena at 2013-11-05 18:42
mioさん

サッポロファクトリー、話には聞いているのですがまだ行ったことがないんですよー。

毎回、舅(大通公園の近くに住んでます)に会いに行くのがメインなので、近所をブラブラして終わっちゃうんですよね…
今度札幌に行くときにはぜひ立ち寄りたいです。

雪のクリスマス…楽しみですね。
今年こそは私も、雪のある季節に札幌に行きたいです!
by zabiena | 2013-11-03 10:26 | キャビネ・ド・キュリオジテ | Trackback | Comments(6)