ミニチュア鉱物ガラスドーム 4種

鉱物スノードーム作りばかりに根を詰めていると時折、少し気晴らしに他のことがしたくなります。
そんなわけでミニチュアサイズで鉱物の入ったものをいろいろ作ろうとは思っていたのですが…

5月のデザフェスに出店を目指すのであれば、デザフェスでも実用性のないものはあまり見てもらえないから、客寄せにアクセサリーか文具などの実用性のあるものがあるといいね、と共同出店者である妹と話していたという背景もあり、この大きさならアクセサリーに加工できるな…などと思い始め、

f0280238_15295373.jpg


f0280238_15301678.jpg


f0280238_15304059.jpg


f0280238_15313916.jpg


こんな感じのものを作ってみました。
かなり小さいです。

f0280238_15285212.jpg

百円玉を置いて比較してみると、こんな感じです。
手乗りどころか指のりサイズです。

本当なら、きちんとオイルを注入してスノードームを作ろうと思っていたのですが、この大きさでオイルを入れるとなると問題が各種出てきます。

ゴム栓をしてしまうと、かなり狭くなるという問題もあり、また普段使っているオイルは医療用・食添用のものなので人体には無害なのですが、油なのでシミになりやすいので、注入してしまうと万が一割れた場合は大惨事になることが予想され、アクセサリー使用は無理になってしまいます。
かといって、水を入れた場合は…さびや濁りがどうしても気になります。
無理して入れてみても…サイズが小さすぎるために粘度を上げてみても「振る」感じがあまり雪っぽくありません。
ここはすっぱりスノードームを諦めて、「硝子標本ドーム」という方向で作ってみました。

どちらにしてもガラスなので、アクセサリーとしてたとえばペンダントに加工した場合、割れる危険性があるため実用向きではない、というのはあるのですが…そこはもう、「アクセサリー風のオブジェであり、実際に装身具として使用はできないもの」と考えるほかはないかな…ということであまり当初の目的を果たせないシリーズになりそうです(笑)

安全第一なので仕方がないですね。
ちなみにレジンなど樹脂の使用は考えていません。
レジンなどを入れれば強度は増すのでしょうが、鉱物の色や輝きに影響が出るためです。
それならば開き直って中空のままの方が美しい気がします。

f0280238_15235718.jpg

それにしてもそんなに硝子が危ないというのならプラスチック製のドームを使えばいいじゃない・・・という話になるのですが、そこはもう、趣味の問題です。

私の自宅にも何点か飾ってありますが、標本を入れたガラスドームが好きなのです。
そこはもう、あくまでアクリルやプラスチックではなく硝子製でなければいけません。変な拘りですがそこは譲れません。
ミニチュアサイズとはいえ、普通サイズのスノードームキットと変わらない(どころかモノによってはプラ製キットよりよっぽど高価)ほどの価格なのですが・・・あくまで硝子ドームで。
単価が高くて売れなかったとしても、私が欲しいので、あくまで硝子で…

高いと言っても、宝石の入ったラグジュアリーアクセサリーなんかよりはよっぽど安価だ!!と自分をごまかし中です(笑)

f0280238_15375289.jpg

一番大きな硝子ドーム。サイズは35×24mmです。
この質感は硝子でなければ出ません。

あらかじめペンダントになるよう、カンを付けて加工しておこうかとも思ったのですが、硝子は割れます、キケンです、ということで積極的にアクセサリー使用を勧めるわけにはいかないので、取りあえずはこのままで公開します。

カンを付けた様子も取っ手がついているようでかわいいので、アクセサリー使用ができなくても後日、カンをつけた物も作ろうとは思っています。

中に入っている鉱物はウルグアイ産アメジストの単結晶です。
いつだか忘れましたが、ミネラルショーで購入したものです。
照りも色もよいです。フィギュアはプライザー社Nゲージの修道士。
このドームが一番大きいので、フィギュアを添えることができました。

f0280238_1674575.jpg

こちらは一回り小さい硝子ドーム。サイズは25×18mm。
中に入っている鉱物はインド産魚眼石の欠片です。
これはミネラルショーで売られていたものを持ち帰るときに、外国の業者さんらしいアバウトな梱包でかけてしまった部分を利用してみました。
欠片ですが魚眼石らしく、角度を変えるとギラリと光ります。

下にはジオラマなどに使用する芝のシートを張ってみました。
水のように見えるのは接着剤です。

f0280238_15454797.jpg

こちらは球体硝子製のドームに、歯車を付けたブラジル産水晶を入れたもの。
ブラジル産水晶はCafe SAYA(以前の紹介記事はこちら、カフェでの鉱物倶楽部の記事はこちら、万華鏡ワークショップの記事はこちら)にて鉱物テラリウムワークショップ(このブログを始めるより以前のことなので、記事はありません)に参加した折に購入した水晶の残りです。

f0280238_15432935.jpg

こちらはウルグアイ産のアメジスト単結晶に歯車を添えたもの。
アメジスト自体はいつだったか…たぶん新宿ショーで購入したものです。
小さいながら透明度もあり、綺麗な結晶です。

f0280238_15285212.jpg

スノードームを作るよりはるかに、手間もかからず日数もかからないので、あれこれ作ってみようと思っています。
私はアクセサリーでこういったものを身に着けるには…あまりにもなんというか…太ったおっかさん過ぎで似合いませんが、作るのはいくつになっても好きなものを作れるのがよいですね。
…需要がなくても作るのが楽しいので、よいのです…。

ちまちました鉱物は他にセプタークリスタル、アクアマリン、在庫がけっこうあるので、コンスタントに作れそうです。
そのうちまた、ご紹介したいと思っています。


―――

明日は市の幼稚園公開保育があるため、子供たちは幼稚園がお休みです。
夫は当然仕事ですが、習い事の予定もなくせっかくの平日休みなので、天気が良ければ私一人で二人を連れてディズニーリゾートに行ってみようと思っています。

朝から留守にしますので、明日の更新は夜遅く(9時から12時までの間)になると思います。
どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押していただけると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : http://zabiena.exblog.jp/tb/20774969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くつ箱 at 2013-11-05 19:09 x
球体硝子製のドーム+歯車+ブラジル産水晶が好きです♪ふち飾りや歯車がいいですね!
お、インゼル文庫の登場ですね^^
Commented by zabiena at 2013-11-05 20:57
くつ箱さん

ありがとうございますー。
ゴールデンコンビですよね、水晶と歯車。
球体の方のガラスドームはカンを付けて紐をつけて、ミニツリーの飾りにしてもいいかな、と思っています。

インゼル文庫、ついに先月買ってしまいました。
相場からは少し高めかな…と思いつつ、欲しい時が買い時と割り切って。
鉱物画はもう満足した、とか言いながら、物欲は尽きません。恐ろしいです(笑)
by zabiena | 2013-11-05 16:08 | ガラスドーム | Trackback | Comments(2)