インド産ペンタゴン石とカバンシ石

f0280238_21543334.jpg


f0280238_22032462.jpg



ペンタゴン石(Pentagonite) インド産
斜方晶系  Ca(V4+O)Si4O10・4H2O
珪酸塩鉱物


カバンシ石とペンタゴン石は同質異像の鉱物なので大変よく似ており、見分けるのが難しいです。
上はペンタゴン石。ペンタゴン石というと星型双晶が有名ですが、こちらは双晶ではないので、なおさらカバンシ石との見分けが難しいですね。


f0280238_22021436.jpg


f0280238_22024678.jpg

カバンシ石(Cavansite) インド産
斜方晶系 Ca(V4+O)Si4O10・4H2O
珪酸塩鉱物


そして、こちらはカバンシ石です。
違い、わかりますか?

ルーペなどでよく観察すると違いは判るのですが、ペンタゴン石は放射状に細い結晶がランダムに伸びており、シャープな印象。カバンシ石はもう少し結晶がより固まって規則性がある感じ…といっても、うまく説明できていないあたりが素人ですが…。



f0280238_22071748.jpg


f0280238_22093059.jpg



こちらはペンタゴン石。
そして、


f0280238_22153167.jpg


f0280238_22080391.jpg



こちらがカバンシ石。
アップにすると何となく、違いが分かる…ような。
とはいえやはり、一瞬見ただけでは難しいですね。


例によってどちらも、先日の東京ミネラルショーにてインドの業者から購入したもので、この日は他にもいろいろと大量に購入したため、まとめて安くしてもらいました。

青い鉱物はとても好きで、ペンタゴン石、カバンシ石共にずっと工作に使いたいと思っていたのですが、脆いためスノードームには向かないので、今まで使ってきませんでした。
ガラスドームを作るようになってまず、使いたいと思ったのはこの二つ。
けれど手持ちのものはコレクションとして温存したく…そんなわけでいくつか色形の良いものを仕入れてきた、というわけです。
現在、こちらの鉱物たちはガラスドームと瓶詰鉱物ジオラマに使用して、制作中です。


f0280238_22165807.jpg
(こちらはペンタゴン石)



さてさて、鉱物の写真、それも作品に使用する鉱物の紹介が続いているのは実は…冬休みは年末年始で忙しく、制作が一切できなかったため、先日アップ分でスノードーム・ガラスドーム共に完成品は一旦弾切れ…。

現在乾燥中のものはありますので、そちらが完成次第、近日中にまたご紹介を再開していきたいと思います。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。


[PR]
トラックバックURL : http://zabiena.exblog.jp/tb/21274778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zabiena | 2014-01-14 22:20 | 鉱物 | Trackback | Comments(0)