鉱石倶楽部・柘榴石9種セット

しばらくガラスドームのご紹介が続きます、と昨日も書いてしまったのですが、あまりにも変化がないのも寂しいので、本日は予定を変更して少し目先の変わった鉱物標本をご紹介致します。


f0280238_21070927.jpg



こちらは作家・長野まゆみ氏の公式サイト内のコンテンツ、「鉱石倶楽部」にて2年ほど前に購入した、鉱石倶楽部謹製の柘榴石9種セットです。
世界の柘榴石があれこれと、不思議な形の木製標本皿に収めてありそれぞれ番号が振ってあって、側面に鉱物名と簡単な産地が記載されています。




f0280238_21100744.jpg





左端から、1:パキスタン産満礬、2:中国産鉄礬柘榴石、3:メキシコ産灰礬柘榴石、4:ネバダ州産母岩付柘榴石。
続いて…



f0280238_21165375.jpg




右端から、5:アラスカ州産鉄礬柘榴石、6:中国産鉄礬柘榴石、7:奈良県産虹色柘榴石、8:イラン産灰クロム柘榴石、9:中国産灰礬柘榴石。
こうしてずらりと様々な柘榴石が並んでいる、ということに蒐集家気質なりのひそやかな満足感を感じます。
先日5歳の長男がこれを見て、「お母さん、これなあに?」と尋ねるので「いろんな国の柘榴石だよ」と答えたら、「ふうん。外国の果物は不思議ね」と言われました。
きっと幼い彼の夢の異国では、色とりどりの石の実がなる木が生えているのでしょう。
そんな、他愛のない、けれども彩のある物語を空想させる標本セットです。



・・・・・・


f0280238_21303257.jpg


f0280238_21250177.jpg




本日はお昼過ぎから、近所(車で20分程度)の稲毛海岸へ出かけて、家族でビーチコーミングをしてきました。
このところずっと長男が「貝殻の工作をしたい!」と言っていて、その材料を拾いに…という名目で、私も蒐集物をあれこれ拾ってきました。
私が集めているのは、「面白い石」「きれいな貝殻」「シーグラスや波に洗われた陶器の破片」。
稲毛の海岸は湾内ですし、なにしろ都市部の海なのでそれほど珍しい貝があるわけでもなく、また砂利の多い浜ですから、それほどビーチコーミングとしては面白い場所ではないのですが、なにしろ近所なので季節ごとに訪れています。



f0280238_21310872.jpg


f0280238_21314649.jpg


もっと美しい海の近くにお住いの方々には「…?」と思われる光景かもしれませんが、早春の千葉の霞んだ海のけだるい風景、波が小石を洗う様子、いつまで見ていても飽きません。
肉眼ではスカイツリーも霞んで見えますが、そんな風景も悪くはないものです。
ああ、都市は自然の中に無理やりつくられてるんだなあ、と実感したり。
当たり前のことですが、自然に切り離されて生活していると、忘れがちです。
私たちの棲んでいるのは、地球。

子供たちと小石や貝殻を拾いながら、そんなことを考えました。


・・・・・・


実はこのところ、大量のスノードームを、劣化による不具合で処分しました…。

昨年の初めに作り始め、夏の終わりまでは水封入で作っていたので、それはもう大量に処分しなくてはならず。
(水のものはどんなに衛生に気を付けて制作してもカビが発生したり、水が蒸発したりで生き残れる確率が低いのです…)

また、オイル封入に切り替えた今も、鉱物スノードームシリーズ(プラ製)の3分の1くらいはどうしようもない液漏れ(これはどんなに気を付けていても、ドームキット自体の微かなゆがみや接着剤の性能の限界で一定数、必ず発生します)が発生してしまうので、生き残る率は相当低いのです。
何分、がっちり接着してしまうので再生できる可能性はゼロに近く、完全なロスです。
一生懸命、時間をかけて手間をかけて作ったものを廃棄するのは、本当に心が折れそうになる悲しい作業ですが、中途半端な仕事はしたくないですし、仕方のないことと割り切るしかありません。
オイル漬けになってしまった鉱物は洗っても元通りにならないことも多いですが、愛おしくて捨てられず、部屋の片隅の瓶の中に集められて奇妙なオブジェとなっています。

そんなわけで、今までこのブログでご紹介したスノードームをすべて、デザフェスや博物ふぇすへ持って行けるわけではないことを、先にお知らせする次第です。
鉱物スノーグローブシリーズ(ガラス製スノードーム)のオイル封入のものに関してはある程度のレシピが完成したので販売できると思いますが、鉱物スノードームシリーズ(プラ製のもの)に関しては研究・試作を繰り返していますが今だに劣化が心配なので、展示のみになる可能性が高いです(問題がなくても定期的なメンテナンスが必要)。

それでも現在、各方面に相談しながら、あれこれとデザインフェスタや博物ふぇすに持って行けるよう検討しています。
そもそも実は…なにも持って行けるものがない時のための保険として、今鉱物ガラスドームや鉱物ジオラマ瓶も量産し始めている、という背景もあったりします。
いずれにせよ、一番いい形でデザフェス・博物ふぇすへ作品を持って行くために今後も鋭意努力、試行錯誤していきますので、どうぞ暖かい目で応援してくださいますよう、お願い申し上げます。


このところ新作についても少しばかり煮詰まっていたため、つい弱音を吐いてしまいお目汚し失礼いたしました。

明日は気持ちを切り替えてまた、ガラスドームのご紹介となります。
どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。





[PR]
トラックバックURL : http://zabiena.exblog.jp/tb/21467731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まつり at 2014-02-23 23:21 x
はじめまして、いつもブログ拝見させて頂いております。
ものを作るというのは気力も労力もいるものですし…何より一つ一つ手で作る物だけに思い入れもある分廃棄は辛いですね。
それでも私はいつもブログで拝見するzabienaさんの作り出す素敵な世界が詰まったスノードームやガラスドーム達が好きなので…こういう事を書くと負担になってしまうかも知れませんが、デザフェス凄く楽しみにしてます。
これからも影ながら応援してます^_^
Commented by zabiena at 2014-02-25 15:47
まつりさん

初めまして、ご愛読いただきありがとうございます!
暖かいご声援、心に沁みました…。
何分不器用で大雑把な性格なので、なぜこんな細かいことをやっているのか謎なんですが、失敗も多く要領はすこぶる悪いです…。
凹むことはありますが、それでも日進月歩で少しづつ上達していきたいなあと思っています。

負担だなんてとんでもない!!
蓋を開けてみたら誰も来ない…気合入ってるの私だけ恥ずかしい!!…っていう妄想にかられることがありますから、そういっていただけると本当に励みになります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
Commented by aoimatsukura at 2014-02-27 00:23
このザクロ石のセットすごく素敵ですね〜!
なんかセットというものに弱い私はもう箱とかがついてる!
ってだけでも物欲がかきたてられますねw スノードームもたくさん作っていらっしゃって、どれも素敵ですね。
遠方で行けないのが残念ですが、デザフェスの写真アップたのしみにしております。
Commented by zabiena at 2014-02-27 14:14
aoimatsukuraさん

ほんと、長野まゆみさんのセンスにはいつも脱帽です、素敵ですよね。
私もずらっと並んだコレクション、とかコンプリートされたものに弱くて、マイクロマウントの鉱物も随分集めました。
あれは一つ一つがどうとかじゃなくて、同じ規格の箱のサムネイルがずらっと並んでいるのに意味があるんですよね…
その石自体が好きでなくても、コンプリートしたくて買ってしまったり、ほんと物欲をかきたてますw

ありがとうございます、ブログマジックでよく見えてただけだった、なんてことのないように頑張りたいと思います!
まだ実績も何もないですが、少しづつがんばって行けたらなあと思っています。

私もAOMやNEVEの展示会、一度でいいから行ってみたいなあ、と夢見ています。
そちらのレポートも楽しみにしてます~、ご多忙化とは存じますが、関東のファンのためにも是非…
by zabiena | 2014-02-23 22:00 | 鉱物 | Trackback | Comments(4)