ロシア産星葉石と本日の青葉の森・千葉県立中央博物館

f0280238_19225191.jpg



以前、ロシア産の星葉石については天啓的な放射状、星のスパークのようなコレクションを紹介したことがある(当該記事はこちら )のですが、今回ご紹介するのはまさに「葉」のような標本です。



f0280238_19230507.jpg


星葉石(astropylite)
Khibny、Kola,Murumansk,Russia
珪酸塩鉱物 三斜晶系
(K,Na)3(Fe,Mn)7Ti2(Si4O12)2O2(OH)5


以前ご紹介したような、放射状に結晶が集合しているのが大半の星葉石の特徴なのですが、こちらの標本は木の葉石のように葉っぱ一枚一枚が張り付いたような標本です。
空から舞い落ちてきた星の葉がそのまま石に閉じ込められて化石になった…ような想像をしますが、実は星葉石というのはもともと、放射状のスパークがカエデやヤツデのような葉に見えることからギリシャ語の「星(astro)」と「葉(phullon)」から由来した名です。いわばこの標本は葉がちぎれてバラバラになった、腐葉土状態なのですが、これはこれで美しいです。



f0280238_19315065.jpg



f0280238_19552559.jpg



一見地味な色合いなのですが、銅色の星葉石の結晶は金属光沢を帯びており、傾けて光にかざすとギラリ、と怪しく鈍く光ります。
この佇まいが宇宙を連想させたのでしょうね。
そう言えば、背景にある切手などもそうですが、ロケットや宇宙モチーフの切手も、色合い的には地味な取り合わせで魅力的な図案、というのが多い気がします。


f0280238_19230188.jpg


綺羅星のようなハーキマーを周りにちらしてみると、なかなか素敵な風情です。

これも、そのうち作品に仕立てようと思っています。
ただ、スノードームに入れるには少し結晶部分がはがれる心配があり、またガラスドームに入れるには少し大きさがありますので、新作に使うつもりでいます。…間に合わなければ、小さく何分割かに割ってガラスドームに入れるかもしれませんが。



f0280238_19224291.jpg


(ルーペ片手に、石の中へ入り込んで宇宙旅行を。)


さて、本日はお昼から青葉の森・および千葉県立中央博物館へ行ってきました。
実は近所なので、いちいち記事にしませんが2週に一度は行ってます。



f0280238_19231827.jpg



f0280238_21235439.jpg


f0280238_21242421.jpg



f0280238_19234868.jpg



f0280238_19233752.jpg


長男が好きな、クジラの骨格標本。



f0280238_19235293.jpg




f0280238_19234157.jpg

そして私の好きな鳥の骨格標本。フクロウが特に好きです。


f0280238_19233456.jpg


剥製もなかなか素敵ですが、やはり骨が好きです。美しい…。


f0280238_19234576.jpg


ちなみに前回の記事で「鉱物が異様に充実している」とご紹介したミュージアムショップですが、鉱物展の終了とともに一旦鉱物標本は引き揚げとなり、今は大分数が少なくなっています。が、3月31日までは鉱物標本は全品2割引きだそうです。
4月1日からは元値に戻りますが、その代りまた、鉱物標本が多数入ってくるようです。

なお、当ブログ内の画像はすべて、学芸員さんの許可を得て撮影をしていますが、博物館内には撮影が不可のエリアもありますのでご注意ください。撮影をされる場合にはまず、受付の方に尋ねてみてくださいね。


f0280238_19235542.jpg

f0280238_19314335.jpg


f0280238_19314777.jpg


満開の雪柳でお花見…


f0280238_19235803.jpg

渓流園(現在は水は流れていません)で菫探し。
桜はまだそれほど咲いていませんが、野を見渡せば小さな花が花盛りです。


f0280238_19313870.jpg


オオイヌノフグリや…


f0280238_19240421.jpg


仏の座や…



f0280238_19313471.jpg


カラスノエンドウ。


実は私は桜ももちろん嫌いではないですが、こう言った小さな野の花の方が好きです。
昭和天皇は「雑草という名の草はない」と仰ったそうですが、まさにその通り。
ゆっくり歩けば足元にも、小さな花が咲き誇っています。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。







[PR]
トラックバックURL : http://zabiena.exblog.jp/tb/21666875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zabiena | 2014-03-29 20:27 | 博物館・科学館・美術館 | Trackback | Comments(0)