鉱物スノーグローブ(L)「サーカスの夜」


f0280238_09364755.jpg




さて、本日はデザインフェスタ販売分の鉱物スノーグローブ最後の作品のご紹介です。
この後は、ジオラマ瓶・ジオラマ電球をご紹介し、デザインフェスタ前は木曜日を最終更新日とさせていただきます。



f0280238_09345960.jpg


鉱物スノーグローブ(木製台・Lサイズ)「サーカスの夜」

鉱物:アフガニスタン産ラピスラズリ

  インド産雲母薄片(加熱加工済み)
サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm




f0280238_09345852.jpg





f0280238_09351978.jpg



アフガニスタン産の黄鉄鉱のきらめきも美しいラピスラズリですが、もともとの色合いはすこし白っぽくくすんでいます。
オイルに浸すとこのように鮮やかな青になるので、ある意味この鮮やかな青は、オイル封入のスノーグローブならではといえます。



f0280238_09350294.jpg



f0280238_09352011.jpg



こちらのショーホースは普段使っているNゲージサイズではなく、かなりゲージの大きいHOゲージサイズのものです。
かなり迫力があります。
一緒に封入してあるのは白雲母薄片とブラジル産のネオンブルーの燐灰石。
星は青と銀の2種をたっぷり目に入れました。


f0280238_09353731.jpg


f0280238_09353855.jpg


f0280238_09352154.jpg



振ってみたところ。

あでやかで存在感のあるショーホースに合わせ、雲母と星を多めに入れてあるので、かなり派手なスノーグローブです。
調整後、問題がなければデザインフェスタで販売いたします。


さて、今回でデザフェス前のスノーグローブのご紹介は終了となります。
何度もご説明申し上げておりますのでくどくて申し訳ないのですが、最後にもう一度、鉱物スノーグローブについてアナウンスさせていただきます。

時計荘の鉱物スノーグローブは手作り品であり、時を経ると劣化しいずれは壊れます。
時計荘では一点一点細心の注意を払って製作しておりますが、劣化のスピードに関してはまったくの運(キット自体の精度のバラつきや、中に入る鉱物と接着剤の劣化速度、寒暖の差などの気候、保存条件の差などで多少の差は出ますが、本当に運としか言いようがないのです…)であり、予想がつきません。

花が枯れるまでを愛でるように、刻々と変わりゆきいずれは消えてなくなる儚い石の不思議な光景をお楽しみいただきたいと存じます。
一度お買い上げいただいたものはご返品を承れず、また破損品に関しましては一切のリペアを承ることができません。
そのため、価格についてはギリギリの価格設定をさせていただいております。
どうぞ、ご承知おきの上、十分に実物を吟味の上、お買い求めください。

経年劣化しない、長く楽しめるものが良い、という方には鉱物ガラスドームシリーズやジオラマシリーズをお勧めいたします。

どうぞ、よろしくご理解のほど、お願いいたします。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
トラックバックURL : http://zabiena.exblog.jp/tb/23228335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-08-25 21:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by zabiena at 2015-08-26 00:27
>鍵コメント様
大変申し訳ございませんが、以前こうしたやり取りからのトラブルがございまして、現在、スノーグローブ・ジオラマの製法についてのお問い合わせには一切お答えしておりません。(その旨ブログ内の<お知らせ>欄、Twitter表示の上あたりにも明記してございます。)
お力になれなくて申し訳ありませんが、どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
Commented at 2015-08-26 21:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by zabiena | 2014-11-04 11:31 | スノードーム | Trackback | Comments(3)