時計荘 個展「夢の片鱗」のお知らせとシャララ舎納品のお知らせ


このところ、昨年末から準備していたことが一気に公開できる過程に入ってきました。
本日は大変嬉しいお知らせをさせていただきます。

昨年末より委託販売をお願いしている琥珀糖のシャララ舎 にて、時計荘の初個展を開催します!



f0280238_21374280.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



時計荘 1st exhibition 「夢の片鱗」


2015.4.29(wed)〜5.31(sun)
open 11:00〜18:00(水、金曜日は21:00まで)

期間中休業日
5月7日(木)、11日(月)、18日(月)、25日(月)


於:シャララ舎
〒272−0824 千葉県市川市菅野1−14−9 102
TEL:047−713−3112

都営新宿線『本八幡駅』A6出口より徒歩7分。
京成線 踏切を渡り、荷風ノ散歩道 商美会ロードを直進。
信号を二個渡りコンビニを通り抜ける。
右にポスト、左に青いクリーニング屋さんを左折。
クリーニング屋さんのお隣です。

f0280238_21480749.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おかげさまでシャララ舎での作品の展示販売もご好評を頂き、お店のご厚意により1ヶ月!!の長期間にわたり、店内が時計荘仕様になります。

個展、といっても今までシャララ舎にて扱っていただいていたものを少し多めに展示販売する、ということなのですが、それだけではなんなので、私の蒐集した標本や関連印刷物の放出もあります(一部だけですが…)。
この期間中だけの楽しい企画も種々考えていますので、どうぞお楽しみに。
私自身も期間中、数日は在廊する予定です。予定が確定しましたらまた、ご案内させていただきます。

静かな住宅街の中の可愛らしいお店で、のんびり美味しい琥珀糖やお飲み物を召し上がりつつ、ゆっくり時計荘の世界をご覧いただけたらと思います。(店内はカフェスペースもございます)

初めての試みで緊張しておりますが、皆様をお迎えするため精一杯頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。




f0280238_21550553.jpg




f0280238_21550347.jpg



さて本日は…そのシャララ舎へ鉱物ガラスドーム20点と鉱物ガラスオーナメント各種6点を納品してまいりました。
納品された作品(の一部のみ、全てご紹介は致しません)につきましては明日からまた、ご紹介させていただきます。
今回は蛍光する仕掛けのものを主に納めてまいりましたので、蛍光好きの方はぜひ、お立ち寄りください。




f0280238_21545956.jpg



f0280238_21545858.jpg


f0280238_21545718.jpg


f0280238_21545689.jpg




店内には季節の琥珀糖や定番の琥珀糖がずらりと。
(ちなみに、私の一番の好物は「カレイド」シリーズの琥珀糖です。ドライフルーツが入って、少し大人向け…)




f0280238_22041586.jpg


大人向けのアルコールを含む「ボンベイサファイア」の琥珀糖や、指にはめられる「Ring」など、ホワイトデーシーズンにぴったりなものも充実しています。



f0280238_22064164.jpg



f0280238_22064034.jpg



毎回、訪れるたびに少しずつ、店内が進化していっているのも楽しい限りです。
この日は新しい什器にディスプレイされていました。
地元客に愛されている静かなお店ですが、なんだか納品に来るのも毎回とても楽しいのです。



f0280238_21550166.jpg



f0280238_21550258.jpg


個人的に嬉しかったのは、これ。
ディスプレイの中にひっそりいるフィギュアたち…。

こんな素敵なお店にお誘いをいただき、こうして個展を開けること、本当に恵まれていると感じます。
その幸運を無駄にせぬよう、これからも精進していきたいと思います。
…現在、鋭意準備中です。

随時、追加情報につきましてはこちらのブログやTwitterで告知してまいります。
どうぞよろしくお願い致します。



↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
トラックバックURL : http://zabiena.exblog.jp/tb/23766939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zabiena | 2015-03-10 22:13 | お知らせ | Trackback | Comments(0)