Cafe Plateaux納品のジオラマ瓶5点とシャララ舎へガラスドーム30点納品

f0280238_22583401.jpg




諸事情により大分長らくご無沙汰してしまいました。

本来でしたらもっと丁寧にご案内したかったのですが…私的な事情に加えて、海外からの資材の到着が大幅に遅れた影響で制作のスケジュールに遅れが出まして、その遅れを取り戻すために必死になっていたため、先週は更新が全くできませんでした。
お待たせして申し訳ありません。

おかげさまでなんとか制作状況は落ち着きまして、個展初日にお持ちする作品(会期が長く、展示即売となりますので、途中追加納品する予定です)は完成しており、あとは磨いてラベルを作り梱包する作業を残すだけとなりました。
あすからはまた、通常通りの更新で個展に関するご案内をしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。



f0280238_23040292.jpg



f0280238_23033996.jpg



さて、本日はCafe Plateauxへ先週半ばに納品したジオラマ瓶5点を駆け足でご紹介し、その後シャララ舎への常設販売分の追加納品のお知らせをさせていただきます。

駆け足でのご紹介になってしまいますが、よろしくお付き合いの程、お願いいたします。
なお、作品は店頭に既に出ておりますので、在庫に関しましては各店舗へお問い合わせいただきますよう、お願い申し上げます。




f0280238_23255093.jpg



鉱物ジオラマ瓶(小)「死期」


鉱物:カナダ産方ソーダ石・ハックマン石の変種
中国産黄鉄鉱

瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)



f0280238_22591314.jpg



久しぶりに死神フィギュアを使って禍々しいジオラマを作ってみました。
イメージが強すぎるのであまり造らないのですが、死神の造形がなかなかこっていて、個人的には使いどころを考えて抑え気味に使えば結構雰囲気があるなあと思っています。やりすぎるとなんだか陳腐になるので難しいですが…。



f0280238_22591500.jpg



死神が乗っている、どこか墓石を彷彿とさせるこの石は、カナダはケベック州で採れる方ソーダ石とハックマナイトの変種で、ブラックライトで激しく凶々しい色に蛍光します。
カフェには貸出用のブラックライトもありますので、お試しになってみてくださいね。


f0280238_22591469.jpg


転がっている金属は、天然の黄鉄鉱の自結晶。
この産地の黄鉄鉱はこのように几帳面な12面体に結晶するのが特徴です。
自然にこの形ができるのかと思うと、なぜかゾクゾクします。



f0280238_22591794.jpg


死神のフィギュアは、ドイツ製。
一点ずつ職人さんが手彩色しているもので、かなり表情豊かですね。



f0280238_23014216.jpg


鉱物ジオラマ瓶(小)「静謐の森」

鉱物:コンゴ産孔雀石
アーカンソー州産水晶

瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)



f0280238_23151847.jpg



f0280238_23014168.jpg



孔雀石は顔料としても使われる深い緑色が印象的な鉱物ですが、こちらは角が風化して少し妖怪じみたような造形になっているところが面白い個体です。
天鵞絨のような美しい緑、の孔雀医師も美しいですが、こうした摩訶不思議な造形の石もまた、魅力的ですね。
不透明な緑に、澄み切った美しい水晶がまた、よく映えます。


f0280238_23014079.jpg



修道女はドイツ製のHOゲージサイズ。初老の女性であることが分かります。
聖書を片手に森の奥、いったい彼女は何を祈っているのでしょうか。
草むらの花に見立てた粒は蓄光粒で、暗闇でぼんやり光ります。



f0280238_23254317.jpg



鉱物ジオラマ瓶(小)「東の空白む頃」


鉱物:ウルグアイ産紫水晶

瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)




f0280238_22591932.jpg



f0280238_22592148.jpg



夜の闇と朝の光の間にある濃紺の濃い空気、空に紫の薄い膜がかかったような明け方をイメージして、色の濃いウルグアイ産の美しい紫水晶の風景を瓶に閉じ込めました。
草むらに散らされた花々は地上の星のように蓄光します。


f0280238_22592086.jpg



紳士が手を伸ばす先に見えるのは、まだ朝に消えていこうとしている星の名残の光なのでしょうか。
フィギュアはHOゲージサイズのドイツ製です。



f0280238_23251108.jpg


鉱物ジオラマ瓶(小)「空の十字架」


鉱物:マダガスカル産天青石

瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)


f0280238_23014754.jpg



f0280238_23014832.jpg



空の青を切り取って森の中に。
そんな夢の景色です。
天青石はその名の通り空色の美しい鉱物ですが、硬度が低く劈開が強くもろいため、あまり宝飾品には向きません。
が、やはりこの青は魅力的ですね。
ちなみに紫外線で褪色しますので、あまり日当たりの良い場所に放置すると悲しい鼠色に変色してしまうことがあり、注意が必要です。
保存は直接日光の当たりにくい場所が最適です。


f0280238_23014911.jpg

十字架を掲げる聖職者。
どことなく、寂しいような清々しいような景色になりました。



f0280238_23333321.jpg



鉱物ジオラマ瓶(小)「南の海へ」


鉱物:ペルー産クリソコラ(珪孔雀石)
アーカンソー州産水晶ポイント

瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)



f0280238_23342483.jpg


f0280238_23342539.jpg


f0280238_23340538.jpg


目の覚めるような青の美しいクリソコラ。どことなく明るい南の海を想起しますね。
色合いのはっきりした石には水晶がとてもよく合います。

何度もご紹介しておりますが、時計荘で使用している水晶のほとんどはアーカンソー州産の、透明度が高く姿の美しいものです。
これは大量にキロ単位で仕入れまして、その中からダメージのない、透明度の高い、姿の美しいものを選びぬいて使用しています。
ジオラマに適当な水晶のポイントは実は探すとなかなか見つからなかったり、あっても高価すぎたりするのですが…長年の鉱物蒐集からこの産地のものを選んで仕入れています。



f0280238_23342740.jpg


HOゲージサイズの鞄を持つ修道女。ドイツ・プライザー社製のものです。
まだ年若い女性ですね。

後ろに見える二種類の海うちわは本物の標本です。
淡水パールは穴の開いたビーズですが、こちらも本物(模造パールではない)です。


f0280238_23035606.jpg


先週末よりCafe Plateauxにて販売しております。
詳しい在庫はお店のほうへお願いいたします。


f0280238_23411933.jpg


f0280238_23411865.jpg


さて、こちらは…シャララ舎へ先週末に納品した30点の鉱物ガラスドームから抜粋した画像です。
実は、有難いことに個展を前にして常設分の鉱物ガラスドームが売り切れ寸前…とのお知らせを受けまして、急きょ30点の鉱物ガラスドームを納品しております。
内容としましては、蛍光するタイプの水晶のものがほとんどで、デザフェス時にご紹介済みの在庫品も多少混ざっています。
このため、個々のご紹介はせず、直接納品とさせていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。


f0280238_23460092.jpg


29日からの個展 ももう目前と迫ってきております。

当日は新作の鉱物ジオラマ瓶、鉱物ジオラマ電球、鉱物ガラスドームに加え、スペシャルなコラボ品、私の個人的なコレクションからの放出品などもご用意する予定です。

明日からはそのご案内等、させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

また、たびたび申し上げておりますが、1日限りのイベントとは違い、日にちに余裕のある店舗納品分や、1カ月という長い会期の個展ではゆっくりご覧になっていただける環境をご用意していますので、あらかじめすべての作品をご紹介するスタイルではなく、おおまかな概要や一部作品のご紹介とさせていただき、個展が開始されてからも納品した作品についてご紹介します。

また、時間も限られておりますので、ブログではなくinstagram(@tokeisou_zabiena)でのご案内も多数させていただきたいと思っています。こちらはTwitterのアカウント(@yuri1117)と連動させておりますので、ブログと合わせてご覧いただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

なお、個展開催中、私のシャララ舎在廊日は4月29日、5月2日、5月3日、5月31日の4日間です。
こちらからお声はおかけしませんので、ご安心ください。(私自身が鑑賞中に声をかけられたくないタイプなので…なるべく静かにしていようと思っています)
勿論、作品についてや、鉱物に関するご質問等はどうぞお気軽にお尋ねください。

残り10日、力の限り頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。



↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。


[PR]
トラックバックURL : http://zabiena.exblog.jp/tb/23919142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zabiena | 2015-04-19 23:57 | 鉱物ジオラマ | Trackback | Comments(0)