カテゴリ:未分類( 3 )


f0280238_22115708.jpg



鉱物ジオラマ瓶(秤量瓶・小)「きらめく昼下がり」

鉱物:テネシー州エルムウッド産蛍石

瓶サイズ:直径約3.5cm 高さ約6.5cm(蓋部分含む)
※蓋部分に挟んである紙は、蓋が開かなくなるのを防ぐためにつけてあるものです。
挟んであるだけですので、簡単にはがすことができます。


f0280238_22115642.jpg


f0280238_22115519.jpg



(お詫びと訂正)本日、先ほど更新時に作品名の取り違えがございました。
こちらの作品名は「きらめく昼下がり」です。大変失礼いたしました。




キラキラとした白いドロマイト(苦灰石)の母岩つきの、美しい照りとしっかりした結晶面の紫の蛍石はテネシー州、エルムウッドのもの。

実はこの標本は今回の納品の中で一番の掘り出し物で、私の昔のコレクションからの放出品です。紫の蛍石に白いドロマイトの組み合わせはエルムウッドならではのもので、多分、今買うと結構な値段すると思います。...が、放出品なので当時の値段で原価計算しています(といっても安くはありませんが…)。


蛍石のお好きな方には説明するまでもなく、エルムウッド産の蛍石はコレクターの間ではとても有名です。
日本ではイリノイのほうが人気があるようですが、アメリカではこのエルムウッドが何と言っても一番人気、といっても過言ではないようです。
このエルムウッド地区はテネシー州の中でも亜鉛やゲルマニウムを算出する大規模な高山がいくつもあった地区です。
とりわけ、この鉱山地帯から産出される犬牙状方解石や蛍石、ドロマイトなどはとても美しいものが多く、コレクターを魅了してきました。
が、この地区の鉱山は2003年を最後にすべての鉱山が閉山しており、現在は水没していて採掘はできません。
つまり、これから先に手に入るのは、奇跡的に在庫で眠っていたものか、もしくはコレクターの放出品のみ、というわけです。

実物を見なければわかりにくいとは思うのですが、透明度は低くてもこの、不思議に光を宿す美しい蛍石は、絶産となった今もやはり人の心を惹きつけてやみません。

なお、貴重な標本ですので、接着に関しましては鉱物にほとんど影響のない、水溶性の接着剤にて行っております。
ジオラマに飽きた場合は、瓶の中にぬるま湯を満たしていただいて、そのまま2日ほど放置するとはがすことができます。



f0280238_22115901.jpg



フィギュアはNゲージサイズの少年たち。




f0280238_21385096.jpg


ドロマイトの裏側の人工の蓄光粒は蛍光・蓄光します。



f0280238_21392843.jpg



f0280238_21392655.jpg


ブラックライトを照射した様子。
ドロマイトがキラキラとブラックライトを青く反射して、それもまた美しいです。



f0280238_22131672.jpg



記録のため、またご購入下さったお客様に対する詳しい解説サービスのため、更新させていただきましたが、こちらの作品はplateauxへ納品した当日にご購入いただきました。
どうぞご了承ください。


Cafe Plateauxでの展示販売は継続して行っていく予定ですが、こちらのブログでご紹介したお品が店頭にあるとは限りません。
店頭在庫につきましては、プラトーまでお問い合わせいただきますよう、お願い申し上げます。
なお、納品予定につきましては個のブログでのアナウンスのほか、緊急の場合などはTwitter(@yuri1117)にてつぶやいております。
どうぞよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2015-01-29 22:01 | Trackback | Comments(0)

f0280238_20261876.jpg



いよいよ、明日から池袋東口、ジュンク堂裏のカフェ「Cafe Plateaux(プラトー)」さんで、時計荘作品の委託販売が始まります!
納品してきた作品は鉱物ジオラマ瓶シリーズ9点。
うち、4点はすでに当ブログ内にてご紹介済みの作品(「旅路」 「秘密基地」 「砂漠の王」「誓いと祈り」)ですが、5点は未発表の新作です。

本日はこの新作のうち、3点をご紹介したいと思います。
本来ならば一挙ご紹介したいところなのですが、長くなってしまいますので残り2点については明日、追ってご紹介させていただきますね。
(なお、9点とも明日の開店と同時に展示即売ですので、売り切れの際はご容赦ください)




f0280238_20534532.jpg



鉱物ジオラマ瓶(秤量瓶・大)「砂漠のサーカス」

鉱物:インド産ペンタゴン石
 アーカンソー州産水晶ポイント

瓶サイズ:直径約5cm 高さ約9cm(蓋部分含む)



f0280238_20535485.jpg



f0280238_20535331.jpg



おなじみのプライザー社製サーカスの馬フィギュアですが、いつも使っているNゲージサイズよりだいぶ大きな、こちらはHOゲージサイズです。
何しろゲージが違うの身なのでわかりにくいと思いますが…実際にはかなり迫力があります。

馬の足元に据えてあるのはインド産の目の覚めるような青が美しいペンタゴン石。
天然の色合いですが、とても美しいですね。


f0280238_20541133.jpg




f0280238_20541096.jpg



水晶もとっておきのアーカンソー州産の、姿も透明度も抜群に美しいポイントを使っています。

瓶自体も今までご紹介してきた秤量瓶の中では最大サイズとなっております。
こちらはデッドストックの秤量瓶で、実は夏の鉱物bar(当ブログでの紹介記事はこちら)の折にHARRYSさんより購入したもの(紹介記事はこちら)です。
使用した資材たちが高価なので少しお値段も張りますが…なかなか迫力のあるジオラマとなりました。

ちなみに、砂の上に撒いてある粒は蛍光・蓄光します。ブラックライトで照らしてみると強烈に蛍光しますが、人工の蛍光粒ですので明るいところから暗いところへ移っただけでもぼうっと光ります。
砂漠に落ちた星の欠片のようです。



f0280238_21063262.jpg



鉱物ジオラマ瓶(小)「約束」

鉱物:イリノイ州産八面体劈開蛍石
アーカンソー州産水晶ポイント


瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)



f0280238_21070372.jpg





f0280238_21070454.jpg



淡い3種の色合いの、形の美しいイリノイ州産の八面体劈開蛍石と、アーカンソー州の透明度の高い水晶ポイントです。
すっきりとシンプルに砂漠に配置しました。
撒いてある粒は人工の蛍光粒で、蛍光・蓄光します。



f0280238_21063239.jpg


手をつなぐ少年少女はHOゲージサイズ。
星降る砂漠で、彼らは一体どんな約束を交わしたのでしょうね…。




f0280238_21204229.jpg



鉱物ジオラマ瓶(小)「追跡者」

鉱物:インド産ルビー(強蛍光)
アーカンソー州産水晶ポイント

瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)



f0280238_21204564.jpg


f0280238_21204113.jpg




インド産の強蛍光の母岩付ルビーと、アーカンソー州産のとっておきの水晶ポイントを使い、街灯と組み合わせたシリーズです。
この街灯、実はプラトーの店長さんが好みだとおっしゃってくださって、今回新たに少し手を加えて作りました。

…といっても、細かすぎて違いはあまり…わからないかもしれませんが、やすりがけをしてプラスチックの光沢を減らし、ほんの気持ち、ウェザリング(風化した風合いを出す塗装技法)をしてあります。
・・・といっても、あまり手を加えすぎるのは好きではないし、作業時間が長引けば価格も上がってしまうので、「気持ち」程度です。



f0280238_21202849.jpg


スーツの男性はHOゲージサイズ。
奥の草むらに撒いた粒は蛍光・蓄光します。
ルビーも結構派手に蛍光するので、できればブラックライトを照射してみてください。
なかなか怪しげで、なんだか物語の中のワンシーンのような光景になりました。


f0280238_20264802.jpg



ちなみにプラトーさんでは、25日まで「落葉樹カフェ」というイベントを開催されており、画像のようにそこかしこに森の木立が並び、動物たちがいます。
クリスマス前後では落ち葉を敷き詰めるという楽しい催しもあるようです。



f0280238_20271153.jpg



フードのガラスケースの中にもよく見ると…



f0280238_20271035.jpg



愛らしい野鼠が。



f0280238_20264947.jpg



イベントだけではなくて、カフェの雰囲気自体が、そもそも素敵で不思議に落ち着く場所です。
…私は基本的に、こういう場所に訪れる際には「おひとり様」が多いのですが、こんな風におひとり様専用席もあったりして、すごく落ち着いて過ごせる、そんな不思議に素敵なカフェです。


f0280238_20265937.jpg



f0280238_20265977.jpg



場所は池袋東口のジュンク堂(書店)の裏あたりなのですが、一階は姉妹店の「Cafe Pause」さんで、別の店舗です。
二階がPlateauxさんですので、お間違えなく。
黒板が出ていますので、目印になさって、その奥の階段を上ってくださいね。



f0280238_20271813.jpg



プラトーさんへは、のんびりしたペースで細々と、けれど長く委託販売を続けさせていただきたいと思っています。
…あまりに人気がなければ…わかりませんけども…

お近くにお越しの際には、どうぞお立ち寄りください。


明日は残り二点をご紹介します。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2014-12-01 21:35 | Trackback | Comments(0)

一週間の長いお休みをいただいておりましたが、ようやくデザインフェスタの後処理も終わり、新しい作品作りに向けて発注した資材が少しづつ到着し始めています。
お休み中のあれこれについては、明日から少しづつ記事にしようと思いますが、本日はまず、早速ブログ再開にふさわしい、嬉しいお知らせをさせていただきます!




f0280238_22143168.jpg


f0280238_23075080.jpg



<お知らせ>


12月2日より、池袋のカフェ「plateaux」(プラトー)さんにて、時計荘の鉱物ジオラマ瓶のお取扱いが始まります!

プラトーさんの公式サイトはこちら。現在、facebookやTwitter(@plateaux)やinstagram(cafe_plateaux)にてカフェの様子やイベント等、アナウンスされています。

とてもすてきな落ち着いた雰囲気で…高校時代、友達と入り浸っていた美術部の部室を思い出しました。
池袋駅近くの繁華街にあるとは思えない、静かな居心地の良いカフェです。

個人的には…実は池袋から大学へ通っていたので、池袋には青春の思い出が多々あります。
サンシャインやP´パルコをうろつき、ハンズで工作材料を買い、ジュンク堂や西武リブロ(詩のお店がありました)を冷かすのは日課で、少しお金に余裕があれば芸術劇場や今は亡きセゾン美術館や東武の屋上には鉱物・化石・熱帯植物の売り場があり(今はもうないです)、当時よく通いました。このカフェの近くの小さな劇場にもよく通ったものです。
そんな思い出深い土地に、ご縁があり感激しています…。


プラトーさんの店内の様子はinstagram等でもご覧になれますので、ぜひご覧になってください。
お茶やごはんも、とてもおいしいカフェです(前回ハンズ池袋店の展示帰りに訪れた際にアイスティーと「johnのミートスパゲティ」をオーダーしたのですが、チーズ風味が濃くて、絶品でした…!店内で撮影させていただいた画像がなぜか破損してしまい、今回の記事はplateauxさんよりお借りしております…また月末に伺ったときにでも撮影してきますね)


f0280238_23065384.jpg



こちらでの時計荘作品のお取扱いは5,6点ずつ…ささやかではありますが、今までのように期間限定のイベントではなく、常設で置かせていただくことになりました。

デザフェスや博物ふぇす等でお客様とお会いして、手渡しで作品をお譲りするのもたいへん勉強になり、また嬉しい機会ではあるのですが、やはり時計荘の作品の似合う落ち着いた場所で、慌てることなくゆっくりと作品をご覧いただきたい…と以前から考えていました。
そんな中、素敵なカフェの店長さん(とても素敵な女性なのです!)にお声をかけていただき…本当にうれしく、やる気十分で準備にかかっております。

具体的にプラトーさんへ納品する作品に関しては、また詳細が決まり次第、アナウンスさせていただきますね。



f0280238_22144853.jpg



Cafe PlateauxさんはJR池袋東口より徒歩五分、ジュンク堂書店の裏あたり…詳細はこちらの地図をご参照ください。
階段を上がって2階(1階はCafe pauseという姉妹店)です。
素敵な立て看板が出てますので、目印になさってくださいね。


f0280238_23092523.jpg




f0280238_23093412.jpg





[PR]
by zabiena | 2014-11-17 23:16 | Trackback | Comments(0)