カテゴリ:スノードーム( 119 )


f0280238_09364755.jpg




さて、本日はデザインフェスタ販売分の鉱物スノーグローブ最後の作品のご紹介です。
この後は、ジオラマ瓶・ジオラマ電球をご紹介し、デザインフェスタ前は木曜日を最終更新日とさせていただきます。



f0280238_09345960.jpg


鉱物スノーグローブ(木製台・Lサイズ)「サーカスの夜」

鉱物:アフガニスタン産ラピスラズリ

  インド産雲母薄片(加熱加工済み)
サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm




f0280238_09345852.jpg





f0280238_09351978.jpg



アフガニスタン産の黄鉄鉱のきらめきも美しいラピスラズリですが、もともとの色合いはすこし白っぽくくすんでいます。
オイルに浸すとこのように鮮やかな青になるので、ある意味この鮮やかな青は、オイル封入のスノーグローブならではといえます。



f0280238_09350294.jpg



f0280238_09352011.jpg



こちらのショーホースは普段使っているNゲージサイズではなく、かなりゲージの大きいHOゲージサイズのものです。
かなり迫力があります。
一緒に封入してあるのは白雲母薄片とブラジル産のネオンブルーの燐灰石。
星は青と銀の2種をたっぷり目に入れました。


f0280238_09353731.jpg


f0280238_09353855.jpg


f0280238_09352154.jpg



振ってみたところ。

あでやかで存在感のあるショーホースに合わせ、雲母と星を多めに入れてあるので、かなり派手なスノーグローブです。
調整後、問題がなければデザインフェスタで販売いたします。


さて、今回でデザフェス前のスノーグローブのご紹介は終了となります。
何度もご説明申し上げておりますのでくどくて申し訳ないのですが、最後にもう一度、鉱物スノーグローブについてアナウンスさせていただきます。

時計荘の鉱物スノーグローブは手作り品であり、時を経ると劣化しいずれは壊れます。
時計荘では一点一点細心の注意を払って製作しておりますが、劣化のスピードに関してはまったくの運(キット自体の精度のバラつきや、中に入る鉱物と接着剤の劣化速度、寒暖の差などの気候、保存条件の差などで多少の差は出ますが、本当に運としか言いようがないのです…)であり、予想がつきません。

花が枯れるまでを愛でるように、刻々と変わりゆきいずれは消えてなくなる儚い石の不思議な光景をお楽しみいただきたいと存じます。
一度お買い上げいただいたものはご返品を承れず、また破損品に関しましては一切のリペアを承ることができません。
そのため、価格についてはギリギリの価格設定をさせていただいております。
どうぞ、ご承知おきの上、十分に実物を吟味の上、お買い求めください。

経年劣化しない、長く楽しめるものが良い、という方には鉱物ガラスドームシリーズやジオラマシリーズをお勧めいたします。

どうぞ、よろしくご理解のほど、お願いいたします。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2014-11-04 11:31 | スノードーム | Trackback | Comments(3)

f0280238_11374389.jpg


本日四回目の更新です。
いよいよラストスパートなので、時間を見つけては更新しています。
時計荘の作品はお安くはありませんし、当日は会場の混雑が予想されますので、あらかじめお客様にごゆっくりご検討いただきたく、なるべくすべての作品をご紹介してからデザフェスにて販売できるよう、頑張りたいと思います。




f0280238_14251572.jpg



鉱物スノーグローブ(黒・M)「夢のおわり」

鉱物:ニューメキシコ州産蛍石ラフカット

ニューメキシコ州産蛍石欠片
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm



f0280238_14251986.jpg



f0280238_14251846.jpg


f0280238_14253697.jpg



ニューメキシコ州産の淡い色合いの蛍石とクラリネット吹きを組み合わせ、ガラス球に閉じ込めました。
時計荘の統一テーマは「明け方に見たような気のする夢の光景」ですが、まさにこの石のような、淡い色合いはそんなイメージです。
思い出そうとするとするっと記憶から抜け落ちてしまい、ぼんやりとしたあいまいな印象だけが残っている…。

実際にはもう少し濃い色合いなのですが、オイルで透過光が強調され、ぼんやりと淡い色合いに見えます。

なお、封入しているのも白雲母のほか、ニューメキシコ州産の蛍石のかけらで、これは八面体劈開割の時にできる欠片を詰めています。



f0280238_14253837.jpg


f0280238_14253793.jpg



f0280238_14253513.jpg



夢の終わりに、クラリネット吹きが現れて、不思議な曲を吹く。
けれどもその曲は目覚めてからは決して、思い出せないのでした。



f0280238_14254988.jpg



鉱物スノーグローブ(黒・M)「内緒話」

鉱物:ニューメキシコ州産蛍石ラフカット

ニューメキシコ州産蛍石欠片
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm



f0280238_14261212.jpg


f0280238_14261108.jpg



f0280238_14261351.jpg



こちらも淡いニューメキシコ州産の蛍石のラフカット。
ぼんやりと内側からグラデーションが美しく、その淡い透明な石のきわと、オイルの境を眺めているとなんだかぼーっとしてしまいます。
こちらも封入物には劈開割りの際の欠片を入れてあります。


f0280238_14254891.jpg


フィギュアはHOゲージサイズの姉妹。手をつないで、何か話し合っている様子。


f0280238_14261398.jpg




f0280238_14360890.jpg


少女たちのさざめくような笑い声が、雲母のきらめくさやかな音とともに聞こえてくるようです。



f0280238_11374389.jpg



繰り返しになりますが、スノーグローブは劣化するオブジェです。
時計荘では鉱物スノーグローブを一点一点、細心の注意を払って製作しておりますが、その後の劣化にともない、いずれ壊れて破棄しなくてはならなくなるものです。
花が枯れるまでを楽しむように、変化をお楽しみいただければと思います。

なお、劣化に際し、モノによってはオイル漏れをするものがございます。
万が一のオイル漏れの際に、ほかを汚さないよう、無料サービスでガラスの受け皿をお付けしておりますので、保管の際はこの受け皿の上に置き、寒暖の差の少ない、風通しの良い日陰にて保管してください。

以上をご理解いただいた上でお買い求めいただきますよう、お願い申し上げます。

さて、この後はジオラマ瓶をご紹介し、その後ジオラマ電球をご紹介し、間に合えば現在調整中の残りのスノーグローブ1点をご紹介する予定です。
なお、鉱物ガラス管オーナメントも当日お持ちいたしますが、こちらは以前ブログでご紹介したものと同じ規格ですので、説明をご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

本日はこの後も更新を続けます。


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2014-11-02 14:49 | スノードーム | Trackback | Comments(0)

f0280238_11374324.jpg



本日3回目の更新です。
引き続き、鉱物スノーグローブをご紹介いたします。



f0280238_13405878.jpg




鉱物スノーグローブ(黒・M)「貴婦人」

鉱物:チベット産紫水晶

ブラジル産紫水晶さざれ(研磨加工)
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm


f0280238_13410294.jpg


f0280238_13410106.jpg


f0280238_13405799.jpg





lucioliteminerals(以前の紹介記事はこちら)さんにスノードーム用にと探していただいた紫水晶を冬の装いの貴婦人と組み合わせ、スノーグローブに閉じ込めました。

この紫水晶はチベット産で、内側がぼうっと紫になっており、形も美しく、実は少しフロストがかった表面をしているのですがオイルに入れるととても美しいです。
夢のようにけぶる感じがとても好きなのですが、よくよく注意深く丁寧に洗浄しても内側から土の成分がオイルに溶け込むことがあり、このスノーグローブも徐々にセピア色になる可能性が高いと思われます。
が、オイル封入ですのでかびたりする心配はありません。
花の色が変わりゆくように、その色のうつりゆくさまをお楽しみいただければと思います。



f0280238_13405929.jpg



1900年代シリーズの冬の装いの貴婦人フィギュア。HOゲージサイズです。


f0280238_14091888.jpg


f0280238_14091797.jpg



f0280238_14091588.jpg


振ってみたところ。
貴婦人の上に降り注ぐ、煌くブリザード。

ちなみに、鉱物スノーグローブは封入物に小さな石を入れてありますので、ガシャガシャと乱暴に上下すると寿命が縮まります。
ゆっくりと、手のひらの上で回すように振ってみてください。
もしやり方がわからない場合は、デザフェス会場で直接お尋ねいただければ実演いたします。

(当日はテラリウム制作のルソーさんと共同出展ですが、異様に太ってるほうが時計草で、とってもスレンダーなほうがルソーさんです。わからない場合はお尋ねください。途中、休憩で席を外すこともありますが、戻る時間はお互い伝えてから席をはずしますので、もし私がいない場合でも、何時に戻るかお尋ねいただければ戻る時間をお伝えできます)



f0280238_12443647.jpg




鉱物スノーグローブ(黒・M)「雪の夜」

鉱物:チベット産紫水晶


ブラジル産紫水晶さざれ(研磨加工)
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm



f0280238_12444114.jpg


f0280238_12443963.jpg



f0280238_12463268.jpg



こちらも、「貴婦人」に使用した紫水晶同様、チベット産のけぶるような特徴のある紫水晶を使用し、修道女とあわせてみました。
紫は高貴な色のイメージがある為か、こうした清楚なフィギュアとよく似合いますね。




f0280238_12443532.jpg


封入したのは白雲母薄片と紫水晶のさざれ。さざれは研磨加工してあるものです。
修道女のサイズはHOゲージです。


f0280238_12463338.jpg


f0280238_12463148.jpg


雪の降りしきる中、立ち尽くす修道女。
迎えはいつごろ、来るのでしょうか。



f0280238_11374128.jpg


本日はこの後も引き続き更新いたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2014-11-02 14:14 | スノードーム | Trackback | Comments(0)

f0280238_09490846.jpg



引き続き、鉱物スノーグローブのご紹介をさせていただきます。



f0280238_10390192.jpg


鉱物スノーグローブ(黒・M)「トナカイ」

鉱物:インド産緑魚眼石

ブラジル産燐灰石
ブラジル産アクアマリンさざれ(研磨加工)
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm


f0280238_10390515.jpg



f0280238_10390461.jpg




f0280238_11044016.jpg




Nゲージサイズのトナカイのフィギュアを、インド産の緑魚眼石と組み合わせてガラス球に閉じ込めました。
緑魚眼石はグラデーションが美しく、大きさとしてもかなり立派です。

一緒に封入したのはブラジル産の燐灰石とインド産の白雲母薄片。


f0280238_11044249.jpg



f0280238_11044212.jpg


降ってみたところ。
夢のように降り注ぐ白雲母、霞む緑魚眼石が美しいです。




f0280238_11241113.jpg



鉱物スノーグローブ(黒・M)「夢見る少女」

鉱物:ニューメキシコ州産蛍石(ラフカット)

ニューメキシコ州産蛍石(欠片)
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm



f0280238_11241046.jpg




f0280238_11241559.jpg


f0280238_11243286.jpg



f0280238_11241469.jpg



ニューメキシコ州の青と紫のゾーニングが観察できる蛍石のラフカットを使用し、封入材料にも八面体劈開時に出るニューメキシコ州産蛍石の破片を使用しています。ほか、白雲母薄片と模造パール(穴なし)を入れてあります。
フィギュアはHOゲージサイズの1900年代シリーズより、冬の装いの少女。
マフに両手を入れ、伏し目がちにお澄まししています。


f0280238_11243613.jpg


f0280238_11243503.jpg



f0280238_11243436.jpg



降ってみたところ。
蛍石の破片は薄いのですが、舞い落ちるのではなく底のほうでシャラシャラいう感じ。
雲母薄片が淡い蛍石の上に舞い降ります。


2点とも、調整後に問題がなければデザインフェスタで販売いたします。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2014-11-02 11:18 | スノードーム | Trackback | Comments(0)

f0280238_23565863.jpg


今回は鉱物スノーグローブの更新です。
2点同時にご紹介させていただきます。


なお、何度もしつこくアナウンスしておりますので、ご存知の方には申し訳ないのですが。

鉱物スノーグローブは手作り品であり、時を経ると劣化しいずれは壊れてしまうものです。
時計荘では一点一点細心の注意を払って製作しておりますが、劣化のスピードに関してはまったくの運(キット自体の精度のバラつきや、中に入る鉱物と接着剤の劣化速度、寒暖の差などの気候、保存条件の差などで多少の差は出ますが、本当に運としか言いようがないのです…)であり、予想がつきません。

花が枯れるまでを愛でるように、刻々と変わりゆきいずれは消えてなくなる儚い石の不思議な光景をお楽しみいただきたいと存じます。
どうぞ、ご承知おきの上、お買い求めください。

劣化しない、長く楽しめるものが良い、という方には鉱物ガラスドームシリーズやジオラマシリーズをお勧めいたします。

どうぞ、よろしくご理解のほど、お願いいたします。



f0280238_00011412.jpg


鉱物スノーグローブ(黒・M)「白熊」

鉱物:中国四川省産水晶群晶

ブラジル産燐灰石
ブラジル産アクアマリンさざれ(研磨加工)
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm

(画像では雲母がガラスドームに張り付いておりますが、
これは作ってから2日目に撮影したためで、そのうち剥がれ落ちます)



f0280238_00011165.jpg


f0280238_00011585.jpg


f0280238_00015099.jpg


中国四川省産の水晶の群晶を氷山に見立て、白熊を載せてみました。
雲母薄片のほか、ブラジル産の燐灰石とアクアマリンのさざれを封入してあります。



f0280238_00015248.jpg



f0280238_00015146.jpg



降ってみたところ。
雲母煌くブリザードの世界です。



f0280238_00180291.jpg



鉱物スノーグローブ(黒・M)「微睡」

鉱物:チベット産紫水晶

ブラジル産紫水晶さざれ(研磨加工)
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm



f0280238_00180575.jpg




f0280238_00180604.jpg


f0280238_00180417.jpg


f0280238_00180395.jpg


lucioliteminerals(以前の紹介記事はこちら)さんにスノードーム用にと探していただいた紫水晶と、修道女(HOゲージサイズ)を組み合わせスノーグローブにしました。

この紫水晶はチベット産で、内側がぼうっと紫になっており、形も美しく、実は少しフロストがかった表面をしているのですがオイルに入れるとこのように美しく澄んでとても美しいのです。
夢のようにけぶる感じがとても好きなのですが、よくよく注意深く丁寧に洗浄しても内側から土の成分がオイルに溶け込むことがあり、このスノーグローブも徐々にセピア色になる可能性が高いと思われます。
が、オイル封入ですのでかびたりする心配はありません。
花の色が変わりゆくように、その色のうつりゆくさまをお楽しみいただければと思います



f0280238_00180143.jpg



インド産の雲母薄片とブラジル産の紫水晶の佐々礼を入れてあります。




f0280238_00182859.jpg


f0280238_00182609.jpg


f0280238_00182518.jpg



降ってみたところ。
煌く雲母の降り注ぐ中に独り思い出にまどろむ修道女…まさに、夢の中の光景です。



f0280238_23571199.jpg

調整後、問題がなければデザインフェスタで販売いたします。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2014-11-02 00:24 | スノードーム | Trackback | Comments(0)

f0280238_21560105.jpg



本日3回目の更新です。
今回はスノーグローブを2点ご紹介します。

なお、明日より又複数回の更新が続きますが、あらかじめ「○○回更新します」とのアナウンスが難しいので、「複数回…」ということで詳細はご容赦ください…。
いよいよデザフェスまで一週間で、準備も大詰め!
「できるかぎり」のご紹介になると思います。

また、今回東急ハンズのイベントからデザフェスまでの期間が短いため、全体的に駆け足のご紹介が続いています。
気になる作品等、ありましたらTwitterのダイレクトメッセージやメールにてお気軽に詳細をお問い合わせください。
当日までには必ずお返事をいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。




f0280238_21584371.jpg


鉱物スノーグローブ(黒・M)「星空のトランペット吹き」

アフガニスタン産ラピスラズリ

ブラジル産燐灰石
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm



f0280238_21590918.jpg



f0280238_21591005.jpg



f0280238_21591154.jpg


f0280238_21590859.jpg



見事な黄鉄鉱入りのラピスラズリはアフガニスタン産のものです。もともとはくすんだような色をしていますが、オイルに封入するとご覧のとおり鮮やかな色になります。
使用後、もし元の色をご覧になりたい場合は乗用車用のオイル洗浄剤などを使うとある程度はオイルを落とせるかと思います。
封入したのは燐灰石と雲母薄片、フィギュアはプライザーのHOゲージサイズ、バイエルン地方の伝統音楽の楽隊よりトランペット吹きです。


f0280238_21591383.jpg




f0280238_21591383.jpg




降ってみたところ。星が降り注ぐ中鳴り響くトランペットの音を想像してしまいます。
きっと澄み渡った音色であることでしょう。



f0280238_22245935.jpg




鉱物スノーグローブ(黒・M)「Lacrimosa

チベット産紫水晶

ブラジル産アメジストさざれ(研磨加工有)
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm






f0280238_22251911.jpg



f0280238_22252064.jpg



lucioliteminerals(以前の紹介記事はこちら)さんにスノードーム用にと探していただいた紫水晶をスノーグローブに閉じ込めました。

この紫水晶はチベット産で、内側がぼうっと紫になっており、形も美しく、実は少しフロストがかった表面をしているのですがオイルに入れるととても美しいです。
夢のようにけぶる感じがとても好きなのですが、よくよく注意深く丁寧に洗浄しても内側から土の成分がオイルに溶け込むことがあり、このスノーグローブも徐々にセピア色になる可能性が高いと思われます。
が、オイル封入ですのでかびたりする心配はありません。
花の色が変わりゆくように、その色のうつりゆくさまをお楽しみいただければと思います。



f0280238_22252132.jpg



f0280238_22252248.jpg


フィギュアはHOゲージサイズの葬列シリーズから十字架を掲げるプロテスタント信者。
驚くべきはその精巧さで、なんと十字架に張り付けられたイエス・キリストの姿までしっかり表現されています。
…まさに職人技ですね。



f0280238_22251852.jpg


f0280238_22253158.jpg



降ってみたところ。
雲母薄片とスノーフレークが寒々しさを強調します。


以上2点は調整後、問題がなければデザインフェスタで販売します。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2014-10-31 22:35 | スノードーム | Trackback | Comments(0)

f0280238_19582281.jpg




本日も鉱物スノーグローブをご紹介します。
…残すところあと6日ですべてご紹介できるかどうか、本当に厳しいので、本日はこの後二回、計3回記事を更新します。

なお、今回のデザインフェスタは東急ハンズ池袋店出展から日取りが近く、今まで通りの細かい説明を挟みますと確実に間に合いません。
ですので本日からは大変申し訳ないのですが、画像と題名(これがないと、識別できないのですべての作品に題名をつけてあります)と使用した鉱物の説明をさせていただくのみとして、なるべく多くの作品をご紹介したいと思います。
ギリギリまで迷いましたが、デザインフェスタに来ていただけるお客様になるべく、余裕をもって予めご検討いただくため、このような形を取らせていただくことになりました。

あわただしいですが、どうぞよろしくお願いいたします。


f0280238_20410142.jpg



鉱物スノーグローブ(木製台・Lサイズ)「タイターニア」

鉱物:ブラジル産ジャカレー水晶
 ウランガラス
  インド産雲母薄片(加熱加工済み)
サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm






f0280238_20442350.jpg



ハロウィンなので、普段と少し違うフィギュアを。
死神の次が妖精というのも飛躍ですが、なにもおどろおどろしいものだけに限らなくても、と思いこんなものを作りました。
タイターニアの題名はシェイクスピア「夏の夜の夢」の妖精の女王の名より。(…もう冬の足音が聞こえてきてますが…)
ドイツ製のフィギュアですので…全裸ですけど羽の描写はとても繊細で見事です。

ちなみにJacareとはポルトガル語でワニの意で、ゴツゴツとした肌がワニの背のように見えることから名づけられ、アリゲータークォーツ、ワニ水晶とも呼ばれます。



f0280238_20410019.jpg


蛍光するウランガラスの欠片と、蛍光セラミックの欠片を入れてありますのでブラックライトで蛍光します。



f0280238_20452735.jpg




f0280238_20452980.jpg



f0280238_20453222.jpg



スノーフレークではなく、蝶の形のホログラムを3色、入れてあります(青・紫・水色)。
雲母薄片のきらきらと、たっぷりなホログラムで、振るとかなり派手です。
ファンタジーの世界ですね。
これも特別バージョンのスノーグローブなので、季節ものということで…。



f0280238_21082002.jpg


鉱物スノーグローブ(木製台・Lサイズ)「水晶の森」

鉱物:中国四川省産水晶群晶
ブラジル産燐灰石
ブラジル産アクアマリン
  インド産雲母薄片(加熱加工済み)
サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm



f0280238_21082345.jpg


f0280238_21081934.jpg





中国四川省産の水晶は気象ではありませんが、選べば透明度の高いものもあり、また結晶の細い群晶が割と流通しているので、こういった光景を封じ込めるにはちょうど良い大きさです。
今回は鉱夫のフィギュアと合わせて、水晶の森の探検隊の情景を作ってみました。


f0280238_21084040.jpg



f0280238_20503159.jpg



神秘の森、ということで蛍光しないアパタイトやアクアマリンのほかに、ウランガラスや蓄光セラミックを入れてあり、ブラックライト照射で蛍光します。



f0280238_21084123.jpg



f0280238_21084123.jpg



振ってみたところ。
スノーフレークや雪の結晶チップのほか、雲母薄片がキラキラと舞います。
寒い国の、不思議な水晶の森の光景です。


・・・・・

本日はあと2記事、後ほど更新いたします。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2014-10-31 21:16 | スノードーム | Trackback | Comments(0)

f0280238_23035383.jpg


まだあと少し、鉱物ガラスドームのご紹介が残ってはいるのですが…ハロウィンなので。
唐突に鉱物スノーグローブのご紹介です。
スノーグローブもまだまだ、ご紹介せねばならないものがありまして、ほかは駆け足のご紹介になりそうなのですが…そんなあわただしい雰囲気ばかりでは世知辛いので、ここでハロウィンモードを挟もうと思います。



f0280238_23022693.jpg



化石スノーグローブ(黒・M)「死神」

ペルー産アンモナイト化石

ウランガラスカレット
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm



f0280238_23024345.jpg




クリスマスものはこれからの季節、工場生産品の素敵なものがたくさん出回るので作らない、といったばかりなのですが、ハロウィンは多少海外のものが出回るとはいえ、クリスマスほどスノーグローブと直結しないので、一つだけ季節ものを作りました。
以前、lucioliteminerals(以前の紹介記事はこちら)さんより購入したペルー産アンモナイト(当該記事はこちら)を使っているので、「鉱物スノーグローブ」ではなく「化石スノーグローブ」ですね。



f0280238_23024413.jpg



フィギュアはプライザー社のコレクタブルアイテムより、HOゲージサイズの死神。
プライザー社はドイツのメーカーなので、ハロウィンやクリスマスなどの季節もののフィギュアをいくつか出しています。
他にドラキュラ、悪魔などのハロウィン物があるのですが、出来としては死神が一番いい気がします。
球面のガラス越しなので画像ではあいまいに映ってしまいますが、さすがの迫力ですね。


f0280238_23024544.jpg



今回封入したのは、死神に合わせて鉱物ではなく、ウランガラスのカレット(破片)と蛍光セラミックの欠片、それと本物のビンテージ時計部品です。歯車と死神、不吉なモチーフですが素敵です。
スノーフレークではなく、黒のラメと雲母薄片を入れてあります。



f0280238_23024614.jpg


蝙蝠のフレークは今、購入できないのでこちらは自作の蝙蝠を数匹入れてあります。
ちょっと大きいです。


f0280238_23024170.jpg



ウランガラスと蛍光セラミックはブラックライトを照射すると派手な緑に蛍光します。
ただ、重いので舞い落ちる感じではなくて、底に溜まっていて、ブラックライトをつけると下から怪しい光がぼうっと…という感じです。



f0280238_23034544.jpg


f0280238_23034619.jpg



f0280238_23034323.jpg



f0280238_23034428.jpg


振ってみたところ。
不吉な感じで黒いラメが舞います。
雲母薄片がきらめくのも、何となく不気味に見えるから不思議ですね。



f0280238_23041901.jpg



f0280238_23041797.jpg

調子に乗って画像を加工したら、単に不気味でよくわからない感じになってしまいました…。

こちらも調整後、デザフェスにて販売予定です。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2014-10-30 23:19 | スノードーム | Trackback | Comments(0)

f0280238_20295432.jpg




本日も鉱物スノーグローブ2点のご紹介をいたします。
ここまででいったんスノーグローブのご紹介はひと段落しまして、明日からはガラスドーム・ジオラマシリーズのご紹介となります。




f0280238_18364510.jpg



鉱物スノーグローブ(黒・M)「冬の散歩道」

鉱物:ウルグアイ産紫水晶

ブラジル産紫水晶さざれ(研磨加工)
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm



f0280238_18372240.jpg




f0280238_18372127.jpg



以前に千葉県立中央博物館のミュージアムショップで購入したウルグアイ産の紫水晶をスノーグローブの中に閉じ込めてみました。
この水晶は画像で分かる通り、下の部分に茶色い層があり(未同定)、この粉がいずれオイルに溶け出してくるものとみられ、このスノーグローブは時を経るとセピア色がかってくると思われます。
が、オイル封入ですので錆びたり、かびたりの心配はありません。
色合いが変化するのを楽しんでいただければと思います。




f0280238_18372013.jpg


のちのち、セピアが買ってくることを考え、1900年代シリーズからクラシックな装いの紳士と少年のフィギュアを使ってみました。
おなじみプライザー社のHOゲージサイズのものです。
このフィギュア自体はあまり日本で流通していないもので、ドイツの本社から取り寄せてもらったもので、少し高価です。
おじいさんと孫でしょうか。
元気な孫に手を引かれ、雪降りしきる中不思議な道を散歩…いろいろな物語が想起されますね。



f0280238_18372351.jpg



紫水晶のさざれと雲母薄片をいれてあります。
雲母薄片はスノーグローブによく合います。このきらめきが、氷のようで寒々しく、そして清らかなイメージになります。
ぜひ、実際に振ってみてそのきらめきを見ていただきたいと思います。


f0280238_18372616.jpg



f0280238_18372788.jpg



f0280238_18372594.jpg




振ってみたところ。
スノーチップが舞う中、雲母がきらめきます。

チベット産やブランドバーグ産の美結晶ももちろん素敵だと思うのですが、私が個人的に「紫水晶」と聞いて思い浮かべるのは、こうした珍しくもない、よくある群晶で、それが故に実はこういった、「情景を封じ込めた」スノーグローブはとても好きです。
セピアに染まるというのも、なにかオマケのお楽しみのようで、なにかワクワクしますね。
もちろんそれは「永久不滅の美しさ」ではないのですが、朽ちてゆくものの美学、というのを理解していただける方にお譲りしたいと思っています…。




f0280238_21004962.jpg



鉱物スノーグローブ(黒・M)「雪の精」

ウルグアイ産紫水晶

ブラジル産紫水晶さざれ(研磨加工)
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm




f0280238_18382303.jpg



f0280238_18382469.jpg




f0280238_18382202.jpg




こちらも千葉県立中央博物館の売店にて購入したウルグアイ産の紫水晶(現在は店頭にありません)です。
千葉県立中央博物館は何度かこのブログでもご紹介しておりますが、なぜか売店で鉱物が充実していて、たまに「おっ…!」と思うような掘り出し物さえあったりします。昨年、イリノイ州産蛍石をセール価格で売っていたのにはさすがにびっくりしましたが…。
主に東京サイエンスさんのマイクロマウントを中心に、たまに店頭在庫の入れ替えもあるようで、侮れません。


それはさておき、そんなところで出会った紫水晶ですが、こちらも度合いは少ないですがオイルにしみだしてくるだろうな…と思われる層がありますので、オイルは時を経るとセピア色になってくるものと思われます。
鉱物の層がわかりやすく、面白い個体でもありますね。
紫水晶は通常の状態ではもう少し色の濃く見えるものだったのですが、オイルで透過してとても幻想的なグラデーションに見えます。




f0280238_18413624.jpg



こちらも1900年代シリーズから、冬服の少女と犬フィギュアです。
このシリーズ、とても好きで昔から見かけると買い集めています。
今回は馴染みのお店に頼んでプライザー社から直接送ってもらいました。




f0280238_18382589.jpg




こちらも同じく、ブラジル産の紫水晶のさざれと雲母薄片を入れてあります。
さざれは研磨加工のしてある、角のないものです。



f0280238_18413791.jpg



f0280238_18382665.jpg



f0280238_18382117.jpg





振ってみたところ。
凍てつく雪景色の中、幼い彼女には降りしきる雪が雪のせいに見えたのかもしれません。
空へ手を伸ばして雪の精を捕まえようとしている少女と、それを見守る彼女の飼い犬。
なんだかノスタルジックで微笑ましい、そしてどこかさみしい情景となりました。
とても冬らしいスノーグローブです。


2点とも、経過観察・メンテナンス後に問題がなければ11月8日(土)のデザインフェスタ(ブースNO.E-383)にて販売いたします。



f0280238_20295669.jpg




今度のデザフェスは11月…ということで、クリスマスものも作ろうかな…とも悩んだのですが、今回は見送りました。
なぜかというとですね…クリスマスのスノードームは巷に完成度の高い工場生産品がたくさん出回るからです。
手作りだからよい、とは思いません。
あくまで、「工場生産品にはないもの」を作っていこう、ということで、今回はクリスマス仕様のものは作らないことにいたしました。


また…何度も何度も同じことを申し上げて恐縮なのですが…
鉱物スノーグローブは手作り品であり、時を経ると劣化しいずれは壊れてしまうものです。
時計荘では一点一点細心の注意を払って製作しておりますが、劣化のスピードに関してはまったくの運であり、予想がつきません。
花が枯れるまでを愛でるように、刻々と変わりゆきいずれは消えてなくなる儚い石の不思議な光景をお楽しみいただきたいと存じます。
どうぞ、ご承知おきの上、お買い求めください。

劣化しない、長く楽しめるものが良い、という方には鉱物ガラスドームシリーズやジオラマシリーズをお勧めいたします。
どうぞ、よろしくご理解のほど、お願いいたします。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2014-10-26 21:18 | スノードーム | Trackback | Comments(0)

f0280238_13584099.jpg



本日は鉱物スノーグローブ2点のご紹介をさせていただきます。
今回の二点、鉱物がとっておきです。



f0280238_13504738.jpg




鉱物スノーグローブ(黒・M)「聖女」

鉱物:ニューメキシコ州産蛍石ラフカット

ニューメキシコ州産蛍石欠片
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm



f0280238_13505170.jpg



f0280238_13505056.jpg




f0280238_13504938.jpg




今回ご紹介する鉱物スノーグローブに使用しているのは、アメリカの業者から仕入れたニューメキシコ州産の蛍石のラフカット、かち割り(未研磨)です。
青のとても濃い個体で、割って八面体にしようと仕入れたのですが…割るのがもったいなくなりました。
ここまで青の濃いものというのはなかなか日本にはラフカットの状態で入ってくることはありません。その分お値段は張りますが…ぜひ実物を一度、ご覧いただきたい美しさです。

ニューメキシコ州産の蛍石によくあることですが、実際には表面がすりガラス状であまり透明度も低いものでした。
が、オイルに封入するとここまで美しい色合いを見ることができます。
イリノイほどのガラス質の透明感はないですが、オイルに封入してみると逆にそのくぐもった青がなんとも神秘的ですね。




f0280238_13505928.jpg



フィギュアはプライザー社製HOゲージサイズの修道女。
静かに腰かけている姿はとても清廉で、青い蛍石ととても似合います。
いったい彼女はどんな物思いにふけっているのでしょうか。


f0280238_13505215.jpg




f0280238_13505354.jpg



今回、雲母薄片のほか、劈開割りの際に出る欠片を一緒に詰めてあります。
こちらもニューメキシコ州産の蛍石の欠片です。なるべく青いものを入れてみましたが、オイルで透過されるので色合いは薄く見えます。
そのほか、人工のプラ製パール(穴なし)も入れてあります。




f0280238_13504635.jpg




f0280238_13505438.jpg




f0280238_13505549.jpg




振ってみたところ。
深い青の蛍石の上に、きらきらと雲母薄片が舞い、スノーフレークが降り積もります。
清く美しい光景です。



f0280238_13580854.jpg



ぼうっとかすむ深い青…少し引いてみても素敵です。
鉱物スノーグローブは劣化によっていずれは壊れる運命ですが、その後はぜひ、石だけ取り出してみてください(ガラスはとても薄いので、手を切らないようご注意ください)。
蛍石はオイルにつけてあっても劣化はしないので、工業用の油落としでなくても、中性洗剤でそっと洗うだけでも保存はできます。
オイルの中にあるときと、取り出した時の色合いの違いも楽しめることと思います。



f0280238_13531937.jpg





鉱物スノーグローブ(黒・M)「星降る夜に」

鉱物:ニューメキシコ州産蛍石ラフカット

ニューメキシコ州産蛍石欠片
インド産雲母薄片(加熱処理)

サイズ:高さ約11.5㎝、ドーム直径約85mm




f0280238_13523360.jpg




f0280238_13523293.jpg



こちらもニューメキシコ州産の蛍石ですが、とれた場所は少し違います。
こちらはビンガム地方で採れたもので、この産地に多い、紫・青・透明の淡いグラデーションが美しい個体です。

本来はもう少し色が濃く見えるのですが、こちらもオイルに透過して夢の中の光景にふさわしい儚さに見えます。



f0280238_13523179.jpg



フィギュアはプライザー社製HOゲージサイズの1900年代シリーズより冬の装いの少女。
星空に手を伸ばしているように見えますね。



f0280238_13532001.jpg





f0280238_13531900.jpg



こちらは同じ産地の、八面体の劈開割りの際に出た欠片を詰めてあります。
紫や薄い青、カラーレスのものが多いですね。
そのほか、雲母薄片も入っています。


f0280238_13542000.jpg




f0280238_13531477.jpg




f0280238_13531589.jpg



振ってみたところ。
星と雪が降り注ぎ、雲母がきらめきます。
鉱物スノーグローブ全体に言えることですが、さざれやかけらが入っているものは激しくが社が社と降ると寿命が縮まります。
ゆっくりと手の中で回すようにすると雲母薄片もきれいに舞い、またダメージも少なく済みますので、おすすめです。



f0280238_14390833.jpg


この二点は今回のデザインフェスタ出展の目玉です。
ただ…石の仕入れ価格自体が高いのでお安くは出せません。
いずれは壊れ行く運命のものですので、敢て購入はおすすめはしません。
ぜひ、たくさんの方に、実物をご覧いただきたいと思います。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。


[PR]
by zabiena | 2014-10-25 14:44 | スノードーム | Trackback | Comments(0)