<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0280238_19111986.jpg



午前0時を回り、31日になりましたので日付では明日になりましたが、8月1日より31日まで、神保町の「神保町いちのいち」(公式サイトはこちら)にて、時計荘作品の展示販売が開始となります。

「いちのいち」は神保町の三省堂書店の1階にあり、「贈る」「彩る」「愉しむ」「手寄る」の4つのテーマに沿った、こだわりの品々が並ぶすてきなお店です。
こうした楽しいお店に自分の作品が並べられ、たくさんの方々にご覧いただける機会を得られたのも、このブログをお読みいただいている読者様あってのことです。
いつも本当にありがとうございます。

展示販売は明日からですが、ごゆっくりご覧いただけるよう、ダイジェストで少しずつ、納品した作品をブログでご紹介させていただきます。
(なお、販売開始以後は店頭在庫は当方では把握できませんので、お店スタッフまでお問い合わせいただけますよう、お願い申し上げます)


f0280238_00330967.jpg


鉱物ジオラマ瓶(試薬瓶・大)「森へおいで」

鉱物:モロッコ産重晶石
瓶サイズ:高さ約13.5cm、直径約 6.5cm


f0280238_00324406.jpg



f0280238_00324065.jpg



Twitter(@yuri1117)にて何度か告知をする際にイメージ画像で掲載している、大きな試薬瓶ですが、中の鉱物もとっておき重晶石を使っている今回のためのとっておき作品です。

今まで樹木の表現に使っていたのはドライフラワーを樹に見立てたり、鉄道模型用のプラスチック製の枝に着際したものなどでしたが、今回は海外製(アメリカ製)のドライフラワーに着際した模型用の樹木を使っています。



f0280238_00324226.jpg


フィギュアはドイツ・プライザー社より取り寄せたHOゲージサイズの手をつなぐ子供たち。
表情まで細かく表現されています。

ちなみに表題ですが、谷山浩子さんの歌に「森へおいで」という名曲があり、中学生時代によく聞いた曲ですが、そんな曲を思い出しながら作っていた事からですが、このあたりはご覧になる方々がそれぞれの物語を想像していただければと思います。



f0280238_00333501.jpg


鉱物ジオラマ瓶(薬瓶・小)「星宿る場所」

鉱物:白鉛鉱(重晶石を伴う)
瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)


f0280238_00333162.jpg


f0280238_00334832.jpg


白鉛鉱。一見地味な鉱物ですが、この鉱物は蛍光を示します。
この個体はオレンジ色の雰囲気のある繊細な重晶石を伴っており、昼の姿も見栄えします。


f0280238_00501644.jpg


f0280238_00501567.jpg


こちらが蛍光写真。黄色を帯びた蛍光はなかなか幻想的です。


f0280238_00501749.jpg



電柱には夜光塗料を塗布してあるため、星が宿っているかのごとく激しく蛍光します。
フィギュアはHOゲージサイズの指さす少年です。


f0280238_00503504.jpg


鉱物ジオラマ瓶(薬瓶・小)「夢の底」

鉱物:アメリカ・スリーピングビューティ鉱山産トルコ石
瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)



f0280238_00510924.jpg


アメリカ、アリゾナ州にある「スリーピングビューティ鉱山」。
ここで採れるトルコ石は美しい空色が特徴で、大変人気のある石だったのですが、この鉱山は2011年に閉山。紀元前からの歴史に幕を閉じ、現在はじりじりと高騰している傾向にあります。

このトルコ石自体は私が数年前に趣味で購入していたものの放出品で、正真正銘のスリーピングビューティ鉱山産、しかも処理なしのラフカット(かち割り)です。
今後出せるのは同じ時期に購入した手持ち品だけです。


f0280238_00503302.jpg


少年は「星宿る~」と同じ、HOサイズの指差す少年。
この佇まいが、何とも言えず物語的で気に入っているフィギュアでもあります。


f0280238_00492960.jpg


鉱物ジオラマ電球(UVライト式)「密会」

鉱物:オハイオ産蜜色蛍石(蛍光)

電球:口金26mm、高さおよそ10cm×直径およそ5.5cm
使用ソケット:真鍮製 ロータリースイッチ式
コード:黒 ダブルコード
電池交換可能、UVLEDライト点灯式


f0280238_01234612.jpg



f0280238_01225410.jpg



f0280238_01225637.jpg




今回の一番の高額作品、オハイオの蜜色蛍石を使用したUVライト式鉱物ジオラマ電球です。
こちらは前回同様、錬成機械工業(ブログはこちら)工場長のとしさんとのコラボ作品で、ソケットの中にとしさん作のギミックが仕込んであるタイプです。
LEDですので電球自体は熱くならず、安全な状態で紫外線照射にて鉱物の傾向を観察することができます。

今回使用したのは青白い傾向が美しく、単体の結晶としても美しいオハイオ産のはちみつ色の蛍石です。
これも、私のコレクションからの放出品です。


f0280238_01232061.jpg


人気の高い「鉱物紳士」フィギュア。
ドイツ・プライザー社のHOゲージサイズです。


f0280238_01225030.jpg


写真ではわかりづらいですが、電柱の街灯にも蓄光粒を仕込んであります。
なお、電池はボタン電池3つで交換が可能。ギミック付きのオブジェとしてお楽しみください。(連続点灯には向きません)



f0280238_00494004.jpg


f0280238_00500273.jpg

f0280238_00500053.jpg


店内は明るいので蛍光が上手く確認できないかもしれませんが、この産地の蛍石は白く激しく蛍光します。
蛍石の蛍光というとロジャリーに代表される青が一般的ですが、この白い蛍光はとても神秘的で、見ていて飽きません。
内側に行くに従って光が強く感じるところもあり、なんとも美しく、見飽きません。

ぜひ、実物をご覧いただきたい作品です。


なお、店内ではスタッフにお申し付けいただければブラックライトをお貸しできます。
お気軽にお申し付けください。


f0280238_01332433.jpg


深夜の更新は以上ですが、納品された作品のご紹介はしばらく続けていく予定です。
どうぞよろしくお願い致します。


f0280238_01355221.png



神保町いちのいちへは、神保町駅が最寄りとなっておりますが、JR御茶ノ水駅、地下鉄新御茶ノ水駅、地下鉄小川町駅からも徒歩でお越しいただけます。詳しくは上記の地図をご参照ください。

今回はほとんどの作品が新作です。
会場にて、たくさんの作品が皆様をお待ち申し上げております。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2015-07-31 01:39 | お知らせ | Trackback | Comments(0)


f0280238_18215248.jpg
(7月12日までとありますが、会期は延長されて19日までです)



昨年、デザインフェスタにゲストで来ていただいたROUSSEAUさん(公式サイトはこちら)の展示会「ROUSSEAU EARLY SUMMER EXHIBITION 」が、西荻窪のtrim(公式サイトはこちら)さんにて開催中です。

近頃身辺が少しばたついておりまして、なかなか更新できずにいたのですが、7月初旬にこちらへ伺ってまいりましたので、本日はその時の様子などご紹介させていただきます。



f0280238_18220120.jpg




f0280238_18215571.jpg




f0280238_18215423.jpg





f0280238_18223798.jpg


trimさんは卵と乳製品を使わない自然食材をシンプルなかたちに仕上げたお菓子や飲み物を頂ける、静かなカフェです。
駅からは徒歩五分程度ですが、閑静な住宅街の中の小さなお店は小さいながらもくつろげる、ゆったりした空間になっています。

その名の通り、余計なものをそぎ落とした店内に、ROUSSEAUさんの感性が光るテラリウムやガラスケースが並ぶさまがしっくりとなじんでいて居心地よく、静かで豊かな時間が過ごせます。


f0280238_18215874.jpg




f0280238_18215925.jpg



人気のあった新作のハンギングタイプのテラリウムはこの日品切れ中(註:その後追加納品された様子ですが、店頭在庫はお店のほうにご確認ください)でしたが、シンプルな中にも滋味深いお菓子をいただきながら、植物たちの明るいささやき声に耳を澄ますのも、また楽しいひと時でした。

画像はオーダーしたパイナップルのスコーン(豆乳クリーム添え)とイチジクのティーソーダ。
メニューは季節によって種類が違うそうなのですが、私はイチジクが大の好物で、なんだか嬉しくなりました。
どちらも滋味深く、素朴なお味でした。



f0280238_18242424.jpg




f0280238_18224541.jpg


植物のある空間というのは、なんだか安心しますね。
静かに物言わず、けれどそっとそこに息づく者たち。
命の気配が人を安堵させるのかもしれません。

サボテンの水耕栽培にも興味はあり、ROUSSEAUさんの水耕栽培ケースも素敵だったのですが…



f0280238_18223613.jpg



f0280238_18224424.jpg


f0280238_18224167.jpg


この日の私のお目当てはこちら。
こちらも新作の、「+SCIENCEshowcase」です。

我が家にも博物趣味・鉱物蒐集の一環として、ガラスケースは何となしに集まってしまっているのですが、こう云ったスタイリッシュなものは探すと意外にありません。

装飾的なものはわりに好きなのですが、コレクションを引き立たせるケースとしてはやはり、シンプルなものの方がしっくりきますし、かといってそっけなさすぎるのもまた、何となく寂しい。

と、思っていたところに、ROUSSEAUさんから見せていただいたこのケースに一目ぼれしたという…また物欲に火が付きました…



f0280238_18224641.jpg


白やグレーの台に銀、というケースが見ている分には一番好きですが、やはり自分の家の陳列棚に似合うものといったら、こちら。
というわけで、このケースを購入しました。
ちなみにケースの中の標本(石・植物等様々です)も付属品で、ちゃんとオリジナルラベルもついてきます。



f0280238_18242859.jpg


我が家の、いつもの、例のところに飾ってみた感じ…。
中身はインドの綿花です。
勿論、このままでも十分素敵ですが…





とっておきのエルムウッド産犬牙状方解石を飾ってみました。


こういったものはもちろん、少しの違いを妥協すれば量産品にも似たものはあるのかもしれません。
けれど「神は細部に宿る」の言葉の示す通り、人の手によって丁寧に作り出されたものだけが持つ、繊細で、一種病的なまでのこだわりや、「私はこれが好きだ!」という作家の主張が、博物的空間にあってはその蒐集熱と相まって場に深みをもたらす気がします。

先日、個人的に尊敬するある方から「ご同病」と言われて嬉しかったことがあったのですが、まさに、ROUSSEAUさんの細かなこだわりは「ご同病」的な根っこを感じます。
そんな方の作品を眺めながら生活する、その豊かさ。
なんともうれしい限りです。


ROUSSEAU Early Summer Exhibition

於 trim(お店の場所と営業時間はこちら

19日(日)までです。
会期はあとわずかですので、ご興味のある方はぜひ。



f0280238_23093345.jpg



ROUSSEAUさんとのコラボ作品ほか、豪華ゲスト出展予定の企画展も、徐々に準備が進行しています。
どうぞお楽しみに。


f0280238_19111986.jpg

最後にお知らせです。

8月1日~31日、神保町三省堂書店本店内「神保町いちのいち」にて時計荘作品を展示販売いたします。
ほぼすべて、新作をお持ちする予定です。スペシャルな鉱物の作品もございます。

詳しい内容ご紹介につきましてはTwitterやinstagram、月末にブログ更新などでお知らせする予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2015-07-17 19:14 | イベント・展覧会 | Trackback | Comments(0)

f0280238_23180939.jpg


先日よりTwitterにてお知らせしておりますが、明日より相模原・東林間の「海福雑貨分室」にて時計荘作品のお取り扱いが開始されます。
海福雑貨の二階にある分室のみでお取り扱いで、営業は金・土・日のみです。
(来週は海外にて買い付けのためお休みだそうです。詳しい営業スケジュールはこちらをご覧ください)



f0280238_23200759.jpg

相模原の小田急線・東林間駅もしくはJR横浜線・相模原駅より徒歩約15分(道順についてはこちらをご覧ください)。
閑静な住宅街に突如、あらわれる不思議なお店「海福雑貨」。





f0280238_23200915.jpg



f0280238_23200533.jpg



f0280238_23200296.jpg


f0280238_23200067.jpg


その一階部分は瓶やマスキングテープ、ハンドメイドのアクセサリーなどが所狭しと並べられた明るいお店ですが…


f0280238_23171809.jpg



f0280238_23171589.jpg


f0280238_23155101.jpg



f0280238_23155053.jpg


その同じ建物内の二階部分は古い木造アパートを改装して作られた秘密の小部屋…
ここは週末だけひっそりと扉が開かれる不思議な「海福雑貨分室」です。


f0280238_23154906.jpg





f0280238_23172003.jpg

…一見、本当に普通のアパートの一室なので、その内部に入るとその濃い空間に圧倒されます。
ドライフラワー、ローマングラス、時計部品、理化硝子、昆虫標本…。
まるでジブリの「魔女の宅急便」のキキの実家のような、幼いころに思い描いた「魔女の家」のようです。



f0280238_23171218.jpg


f0280238_23170948.jpg


f0280238_23171729.jpg


店内には鉱物標本も様々並べられています。
混沌とした店内は「大好きなものだけを集めに集めた秘密基地」のよう…


そんな不思議なお店の一角に、新たに鉱物ジオラマや電球が並びます。

f0280238_23052766.jpg


f0280238_23052649.jpg



f0280238_23045261.jpg



f0280238_23045383.jpg



f0280238_23032882.jpg


ほぼすべて、この日のために作った新作ばかりが並んでいます。
こういったお店に並んで遜色のないよう、ちょっとだけマニアックな鉱物を使ったジオラマもあったり…蛍光する鉱物も多めにお持ちしました。
個展で人気だったオイル入り水晶やアクアオーラ、山入水晶のものも新しく作り、「錬成機械工業」のとしさんとのコラボ作品「UV式鉱物ジオラマ電球」の新作も3点納品しました。


f0280238_23050624.jpg


f0280238_23050560.jpg


今回納品した作品につきましては後日また、少しブログでもご紹介する予定です。
なお、時計荘側ではリアルタイムの店頭在庫は把握しておりませんので、在庫品に関するお問い合わせは「海福雑貨」までお願いいたします。
明日、明後日は分室の営業時間は12時から17時までです。

どうぞよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
by zabiena | 2015-07-10 23:45 | お知らせ | Trackback | Comments(0)