人気ブログランキング | 話題のタグを見る

hands beにてスノードーム作り

hands beにてスノードーム作り_f0280238_226817.jpg


立川のグランデュオ内六階のhands beにて、スノードームネットの「夏休み工作体験 スノードームワークショップ」に参加してきました。

以前Cafe SAYA(以前の紹介記事はこちら)ではガラス製のスノードームのワークショップに参加したことがあるのですが、こちらはプラスチックドームのもの。

立川グランデュオのHands beでは今日と明日開催中で、基本的に予約制ですが空きがあれば当日参加もできます。

夏休み工作、と唱っているだけに、小学生の参加者が多いようです。私のような中年女性の一人客は珍しいかもしれません。
少し気恥ずかしくもありましたが、趣味で鉱物スノードームを作っているのですが、接着などを習ってみたくて、と講師の方にお話ししたところ、詳しく説明してくださいました。なお、blogへの写真や記事の許可は得てあります。

hands beにてスノードーム作り_f0280238_226712.jpg


こちらは素材。
渋谷のハンズのHINT7(こちらのお店も好きで、よく行きます。最近はあまり通えていませんが・・・)で扱っているフィギュアと同じものを使っているようです。
私もこのフィギュアは安価で可愛らしいので好きで集めていて、室内の植木鉢などに配置していますが、ゴムのような素材で、耐水性があります。

この中から6つ、フィギュアを選び、二本の木と共に好きに配置して接着してください、とのことだったので、


hands beにてスノードーム作り_f0280238_226840.jpg


こんな感じになりました。
普段かわいらしいスノードームを作っているわけではないので、新鮮です。
ちなみに一緒の回に向かいの席で恐竜とサメのスノードームを作っていた小学生にそれ、すっげー!!いーね!!と誉めてもらえました。うん、夏休み工作だもんね。と、なんだか私の作品まで「男子」的になりました。


hands beにてスノードーム作り_f0280238_226831.jpg


接着剤が乾いたら、ドームを接着し、終了。ちなみに、この接着の仕方、なかなか勉強になりました。独学も楽しいですが、やはりこうして習ってみると新しいやり方を学べるのがよいですね。

配置して接着するだけなのであっけないですが、やはりシリコンボンドは乾燥に時間がかかるため、この状態で持ち帰り、乾いたらパウダーと水と洗剤を入れてくださいとのこと。
ちなみに、パウダーなどは会場で買い足せるため、少し多目に購入しておき、少し大きなガラスドームと、縦型のプラスチックドームも購入しました。

今までの製作経験と実験結果に加え、今日学んだいくつかのコツ(知りたい方はスノードームネットのワークショップに行ってみてください。本日の代金は1575円でしたが、場所によって違うかもしれません。今後の開催場所はこちら)を生かし、これから作る鉱物スノードームをよりよいものにしていきたいも思います。


さて、本日はこの後、CafeSAYAに、万華鏡のワークショップをしにいったのですが、長くなりますのでその記事はまた後日更新します。


にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。ボタンを押してくださると、更新の励みになりますのでよろしくお願いいたします。
by zabiena | 2013-08-10 22:06 | スノードーム