人気ブログランキング | 話題のタグを見る

インド産カバンシ石(輝沸石を伴う)

インド産カバンシ石(輝沸石を伴う)_f0280238_21254279.jpg

輝沸石を伴うカバンシ石。(poona,India)
二年ほど前にきらら舎にて購入したもの。

青くスパークする星の巣のようでもあり、砂糖をまぶした異国の菓子のようでもあり。

インド産カバンシ石(輝沸石を伴う)_f0280238_2129598.jpg

カバンシ石というと、目の覚めるような濃い青を想像してしまうのですが、この石は少し、くすんだような色合いです。
この石を購入したころは、サムネイル標本のようなものより、こういった、カオスな状態のいかにも天然のもの、というような様態のものが好みで、ある程度大きさのあるものを集めていました。この標本も掌程度の大きさです。

このところはスペースの問題もあり、もう少し小さなものや、スノードーム用の手頃な鉱物などを購入するようになりましたが、やはり、本当ならばこのくらい見ごたえのある標本が好きです。

一時期はインドでも産出量が少なくなり高価だったカバンシ石ですが、現在ではプーナから安定した供給があるらしく、ミネラルショーなどでも割合手軽に手に入る石です。
実際春の新宿ショーではおおざっぱなインドの業者が大箱で大量のカバンシ石を投げ売りをしているのを見ましたが…ああいう場ではそれほど欲しいと思えなくなるのはなぜでしょう。
そうしてイリノイの蛍石のように、安価だったあの時もっと買っておけば…!なんて思う日が来るのかもしれませんが…。

インド産カバンシ石(輝沸石を伴う)_f0280238_23312898.jpg

カバンシ石は脆く、スノードームには適さないのですが・・・青い石は魅力的です。

こんな色の鉱物がスノードームの中をコロコロしたらさぞかしきれいだろうに惜しい。
などと、最近はつい、スノードームに入れられるかどうかで鉱物を見てしまうあたり、重症です。
もちろん、標本としての鉱物も、これはこれで好きなのですが。
熱中するとどうにも、凝りすぎる性質です。


―――

不測の事態の場合は、と昨日書きましたが、まさに不測の事態が起こってしまい、脱力しています。

本当なら今日からお彼岸で実家に帰省のはずだったのですが、長男が昨夜から発熱してしまい嘔吐を繰り返しています。
夫の見立てではおそらくウィルス性の感染症、まあ早い話がただの風邪です。
(長男は風邪で高熱が出ると吐く体質なのです・・・おかげでゆっくり寝てられません)

勿論幼稚園も休ませ帰省は取りやめて、この連休はひたすら自宅で子供たちの看病をして終わりそうです。
幼い兄弟ですから次男にうつるのはもう、仕方ないと諦めていますが、夫も月曜まで仕事で留守なので、自分だけはしっかり予防しなくては・・・・。

そんなわけで、まだ子供らが眠っている今のうちに更新をしていますが、子供たちの病状によっては明日以降更新をお休みすることもあると思います。どうぞご容赦ください。

こういった場があり、愚痴愚痴とみっともなくはありますが、人とつながっていられるのは、有難いことです。
こんなブログですが、いつも読んでくださって本当にありがとうございます。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
by zabiena | 2013-09-20 05:07 | 鉱物