人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鉱物スノードーム「ブリキの太鼓」

鉱物スノードーム「ブリキの太鼓」_f0280238_20283364.jpg

鉱物スノードーム「ブリキの太鼓」

鉱物:ウルグアイ産紫水晶(Tucaramba,Uruguay)

「ブリキの太鼓」という映画がありますが、その内容とはあまり関係ありません。
太鼓をたたいているのも、3歳の子供には見えません。
彼ななぜ、こんなところで一人、太鼓をたたいているのでしょうか。

彼がブリキの太鼓をたたくと、

鉱物スノードーム「ブリキの太鼓」_f0280238_20391573.jpg


鉱物スノードーム「ブリキの太鼓」_f0280238_20394589.jpg


鉱物スノードーム「ブリキの太鼓」_f0280238_20401751.jpg


空からは流星が降り注ぐのでした。


などと言うことを考えながら作っていたわけですが、鉱物は「サーカスの奇術師」で使用したものと同じウルグアイ産の紫水晶です。
こちらは少々小ぶりで、オイルに入れると色が薄くなってしまいました(透過光による効果)が、その淡い感じがまた、美しいと思います。
星を二種類入れただけなのでそれほど粘度は高くしていないですが、ある程度はゆっくりゆっくり舞い降りる感じです。

―――

風邪はすっかり良くなったのですが、たまりにたまった家事や用事をしたりであっという間に一日が終わってしまいます。
が、余り頑張りすぎるとまたメニエールが出そうで怖いのもあり、のんびり過ごしています。

何も手につかないのはあんまりなので、今日はささやかながら、こんなことをしていました。

鉱物スノードーム「ブリキの太鼓」_f0280238_20445948.jpg


左側、ナミビア産蛍石の欠片(上)をさらに砕いてみたもの(下)、右側、中国産蛍石の欠片(上)をさらに砕いてみたもの(下)です。

このところ、公私ともに親しくしていただいるlucioliteminerals(以前の紹介記事はこちら)さんが、蛍石の八面体を劈開に沿って成形しなおす時に出た欠片を以前オマケでくださったことがあり、あまりにもそれが美しかったので、リクエストをしてさらにいろいろと譲っていただいたものです。

欠片はそのまま眺めていても美しく、また、洗濯糊などの高粘度のスノードームに入れてもきれいなのですが、オイルだとなかなか、粘度を上げても舞うというよりしゃらしゃらと落ちる感じになるので、いっそ砕いて細かくして入れてみようか、と思い立ったのですが…結果はまた明日。

余談ですが、鉱物は割っていくと有色のものでも無色に近づいていきます。
欠片は細かくしてしまうとせっかくの色を楽しめないのも、考えどころです。

取りあえずやってみなければ気が済まない性質なのでいろいろとやってみているのですが、子供たちがレゴに興じる横で、ゴーグルつけて石を砕いている私を見て、帰宅した夫は「何やってんの?」と訝しんでました。
訝しんでも止めない、否定しない夫はえらいなー、私が男だったら疲れて帰ってきて、リビングで妻が石を砕いてたらちょっとやだな、と思った次第。

やめませんけどね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
にほんブログ村
by zabiena | 2013-09-26 20:53 | スノードーム