鉱物スノードーム「エルサレム」

f0280238_951092.jpg

鉱物スノードーム「エルサレム」

鉱物:アフガニスタン産青金石(ラピスラズリ)
    (Lapis-lazuli Mine, Sar-e-Sang,Badakhshan,Afghanisutan)

星が生まれたよ と子羊たちが噂をしている
静かな夜更け どこからか歌が聞こえている
エルサレム 今宵生まれた星は 救いの星


f0280238_954666.jpg

鉱物は「海の白馬」に使用したものと同じ、lucioliteminerals(以前の紹介記事はこちらさんからスノードーム用にと紹介していただいたラピスラズリですが、こちらは少し小ぶりな愛らしい石です。
元はもう少し白っぽい色をしているのですが、オイルに浸けるとこのように目の覚めるような美しい青になります。
ところどころに煌めく黄鉄鉱との対比もまた、美しいです。

f0280238_961490.jpg

フィギュアはプライザー社Nゲージサイズの羊。
一匹ずつポーズや表情が違うのはさすがの作りですね。
白と青、という組み合わせは清楚で好きです。

f0280238_9104527.jpg


f0280238_91243100.jpg


f0280238_913718.jpg


f0280238_9133061.jpg

振ってみたところ。
ラピスラズリの青と金に合わせて星も青と金の二種類を入れてみました。
模造パールは穴の開いていないもので、プラスチック製です。軽いのでふわふわと落ちてきます。
「スノードームに雪以外のものが降ってるとお得な気分」という妹のセリフにだいぶ影響されているような気もしないではないのですが、たまにはこんなものも、というご紹介でした。


―――

小さくも様々な葛藤(土台作りが難航、接着剤の問題もまだ未解決、オイルの調合問題、コストと品質のバランスetc、etc…)をしながら試行錯誤の毎日です。
凝り性なので、一つのことに興味があるととことんそのことばかりを考えて暮らしてしまうので、時折かなり煮詰まっていたりします。

昨夜夫に「スノードームインストラクター資格(というのがあるらしいのです)とか取った方がもっと話は早いのかなあ」と相談しましたら、「意味ないでしょそんなの。あなた人にものを教えるの物凄く下手だし」と言われてはっと目が醒めました。

そうだったそうだった、危ない危ない。
教えたいとかそういうのではなくて、出発点は「老後を過ごす私の理想郷のために、私が欲しいものを作る」でした。
スノードームの歴史などを知りたいわけではないし、スノードーム作りを人に教えたいわけでも、仕事にしたいわけでもなかったのだった…。

このところ迷走中で、一人で悩みすぎるとなんだかよくわからなくなってしまい、純粋に自分の楽しみでやっているはずが、疲弊してお金で解決するならお金払っちゃおうか?!という気分にもなるのですが、そんな風にやけを起こさず自分が納得できるものをゆっくり自分のペースで作っていきたいと思います。

一人コツコツモタモタと鉱物スノードームを作り始めてもう半年以上が経過したわけですが、初心は忘れないようにしたいものです。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。
[PR]
トラックバックURL : https://zabiena.exblog.jp/tb/20651265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2013-10-23 01:50 x
羊の表情に味があって可愛らしいですね。
星の色は、二色混じりあっている方が確かに華やかではありますが、意味合いからすると、例えば青い星々の中に一つだけ金の星があるというのも面白いのではないかと思いました。
Commented by zabiena at 2013-10-23 13:57
銀さん

ありがとうございます。
羊、本当に小さいんですよー。こんなに小さいのにしっかり表情があって、さすがという感じです。

青い中に一つの金の星のアイデア、いただきました!!(笑)
次に是非試してみたいです。
by zabiena | 2013-10-22 09:39 | スノードーム | Trackback | Comments(2)