スペイン・マラガ産青水晶


f0280238_20404506.jpg



先日いつもお世話になっているlucioliteminerals(以前の紹介記事はこちら)さんから博物ふぇす出展応援として、博物ふぇすに出す作品のためにいろいろ見繕っていただいた鉱物がいろいろ詰まった素敵な箱(内容が素晴らしく…お買い得すぎてびっくり…!)が届きました。

その中から今日は青水晶をご紹介しようと思います。


f0280238_20405901.jpg


青水晶 / Blue Qartz
Antequera,Malaga,Andalusia,Spain
酸化鉱物 三方晶系
SiO₂



f0280238_20412019.jpg





f0280238_20411811.jpg



スペイン・アンダルシアはマラガ産の青水晶です。
昨日のニューメキシコ州産蛍石に通じるような、濃いけれど少しくぐもったような色合いの青ですね。

以前このブログでご紹介した私個人所有の青水晶はブラジル産(紹介記事はこちら)で、インディゴライトを内包(インクルージョン)しているために青く見える水晶でしたが、こちらのマラガ産の青はインクルージョンしているものが違います。

f0280238_20411576.jpg


この水晶にインクルージョンしているのはアエリナイト(Aerinite)。
「空の」という意味のギリシャ語から名づけられたこの青い鉱物がインクルージョンしているため、水晶が青く染まって見えているわけなのですが、このアエリナイト入りの青水晶は世界で唯一、マラガでしか採掘されないそうです。

母岩にはこういった暗い色のものと、白い色のものを見かけますが、以前鉱物商の方に聞いた話ではマラガではこの青水晶が相当広い範囲で出るらしく、それぞれ地層が違うそうです。(ちなみに…その時お話を伺った鉱物商さんで見た青水晶は高価で…手が出ませんでした…)


f0280238_20411490.jpg



もともと、このマラガ産青水晶はそれほど大きいものは取れないようで、この標本もとても小さいサイズです。
が、色合いこそ少し暗めですが、ブラジル産よりずっとはっきりした青い水晶、という印象ですね。


f0280238_20405841.jpg


梅雨の晴れ間の快晴の太陽光下で見ると、この通り少し煌めいて透き通りますが、室内では昏い青、といった印象です。


f0280238_20404393.jpg



暗い色合いの母岩と、深い青のコントラストが素敵な石で…自分のコレクションにしようか、悩むところですがサイズも鉱物ジオラマ瓶にちょうどよさそうなのでやはり、作品に仕立てて博物ふぇすへ持って行こうと思います。


余談ですが、私は目の覚めるような青がとても好きなのですが、私には青い服は似合いません。
なので余計に、青い鉱物や青い鳥の羽に惹かれます。
抽斗の中の秘密の世界では、私は自由。という気分を存分に味わえるのも、蒐集の醍醐味ですね。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。ボタンを押してくださると、更新の励みになります。

[PR]
トラックバックURL : https://zabiena.exblog.jp/tb/22351795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-06-21 21:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by zabiena at 2014-06-22 22:38
>鍵つきコメントさん
ありがとうございます。この青はアエリナイト由来のものなのですが、深くて素敵ですよね。
どちらかというと背が伸びない小さな粒のものが多いようで、母岩にびっちり、という標本が多いようです。
こちらのように、小さく割ってあるもののほうが、私は個人的に好きですが…。

どうぞご無理のないよう。
あまり安価にはできないので、多分そんなにすぐには売れないと思うのです…。
出来るだけたくさんの方にご覧いただける機会があるとよいな、と心から思っております^^
もちろん、見るだけ大歓迎ですよ~!
by zabiena | 2014-06-20 21:47 | 鉱物 | Trackback | Comments(2)