モロッコ産黄色蛍石

f0280238_21142643.jpg



蛍石 / Fluorite
Near Tinjdad (35km) Anti-Atlas Mts. Morocco
ハロゲン化鉱物 等軸晶系
CaF2


本日は新宿ショー一般公開日にドイツの業者から個人的に購入した、モロッコ産の蛍石のご紹介です。
モロッコ産というとくすんだような青の蛍石が印象的だったのですが、今回は黄色のもの。
濃い黄色の蛍石は他にイリノイやスペインのものが有名ですが、こちらはどちらかというともう少し暗めの、褐色が混じったような黄で、スリ硝子状の不透明感のある結晶です。


f0280238_18593086.jpg




暑い日にはなんとなく、冷やし飴を連想するような黄色ですね。

ただの個人的な好みの話なのですが、ネオンカラーよりも、くすんだような色が好きです。
今回の新宿ショーでは、寒色系のものではない、黄色で少し飴色のような者が欲しい、と思って探していまして、こちらに出会いました。
黄色の蛍石にしては、お値段もとても手頃。の割にしっかり結晶の形が観察できます。



f0280238_18523711.jpg



表面はくすんでいますが、描けているところから覗く内部は飴色で、なかなか澄んでいる様子が観察できます。
舐めてみたらきっと甘い…などと想像してしまいますね。



f0280238_18442643.jpg


f0280238_21220303.jpg



蛍石には透明・青・水色・紫・黄・桃色など様々な色が存在しますが、寒色系ばかりについつい手が伸びて…けれど蛍石の蒐集抽斗を眺めていると、同じ色合いのものばかりでは締まりがないというか、面白みに欠けます。
そんな時に、こうした黄色のものがぽつんと一つ混じるとなんだかとてもすっきりして見える気がします。
同じ色縛りもよいものですが…私は蒐集対象に節操のないタイプなので、バリエーションに富んだ陳列が好きなのです。

…そうしたコレクションの取り合わせ、陳列の妙を楽しむのも、鉱物蒐集の醍醐味かもしれません。



f0280238_21120892.jpg



このところ、我が家のネット環境がとても不安定です。
画像アップロードにえらいこと時間がかかり…更新にも手間取っています。
転勤族だった名残で今だにポケットWi-Fiのみで過ごしているからこんなことになるのですが…
日によってはいきなり接続が難しくなったりすることもありますので、近日中に更新できない日も出てくるかもしれません。
その折にはTwitter(@yuri1117)にて告知をさせていただきますが、どうぞご容赦ください。

…そんなことにならないとよいのですが。




にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。ボタンを押してくださると、更新の励みになります。

[PR]
トラックバックURL : https://zabiena.exblog.jp/tb/22359433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zabiena | 2014-06-21 21:45 | 鉱物 | Trackback | Comments(0)