人気ブログランキング |

鉱物ジオラマ瓶(小・試薬瓶)「遠い日のうた」

f0280238_20524307.jpg



このところいろいろなことがありまして、近々嬉しいご報告をできそうです。
本日はそれに関する打ち合わせで都内まで行ってまいりました。
博物ふぇすまでも一週間を切りましてあれやこれやと間際にバタついておりますが、どうぞ温かい目で見守っていただけたら、と思います。
応援してくださる読者の方々、作品を見に来てくださるお客様がいらしてこそ、こうして毎日を楽しく過ごせます。
ほんとうに有難いことです。どうもありがとうございます。


さて、本日は鉱物ジオラマ瓶のご紹介です。


f0280238_20512344.jpg



鉱物ジオラマ瓶(薬瓶)「遠い日のうた」

鉱物:イリノイ州産蛍石八面体
薬瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)



f0280238_20520638.jpg




イリノイ州産蛍石八面体を3つ、貴婦人の散策する不思議な庭の中に埋め込みました。

青い色のものは蓄光セラミックの欠片です。紫外線を照射すると淡く蛍光します。
その向かい側には古いヨーロッパのビンテージ時計微小部品。
何か物憂げな、不思議の庭になりました。


f0280238_20520744.jpg



埋まっている形のイリノイ州産蛍石。少し紫がかっているものもありますが、全体的に色は薄めです。
これは私の割ったものではなく、海外からの輸入品で、職人さんが割ったものです。



f0280238_20515964.jpg


f0280238_20515934.jpg



フィギュアはドイツ・プライザー社製HOゲージサイズの1900年代シリーズから、老貴婦人。
エドワード朝の服を身にまとっているエレガントな老貴婦人は、表情はもとよりドレスの胸元のレースまで繊細に作られています。職人技ですね。…この1900年第シリーズは現代ものと比べてだいぶ割高なのですが…ついつい好きで使ってしまいます。
日本ではほとんど見かけることのないフィギュアなので、馴染みの模型店に頼んでドイツ・プライザー社から取り寄せてもらいました。



f0280238_20515880.jpg



時計部品は竜頭と歯車二種類。
こういった、「小さいけれど造形が細かいもの」がとても好きです。
昨今スチームパンクやハンドクラフトの流行でめっきり高騰しているビンテージの時計微小部品ですが、多少根が張ったとしてもやはり本物を使いたい…という欲は抑えられません(笑)


f0280238_20524307.jpg


今回、薬瓶は理科硝子問屋さんで購入した、理科硝子の試薬瓶を使っています。
ので、ラベルを書き入れる欄があります。
これを邪魔と見るか、雰囲気があって良いと見るかは好き好きだと思うのですが、個人的にはいかにも標本らしい雰囲気が好きです。
びん詰にされた誰かの夢の標本。
そんなふうに思ってみると、なかなか風情があって素敵な気がします。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

by zabiena | 2014-08-03 21:10 | 鉱物ジオラマ