鉱物ジオラマ電球(吊り下げ型)「道草」

f0280238_20354732.jpg



鉱物ジオラマ電球(吊り下げ型)「道草」

鉱物:ニューメキシコ州産八面体劈開蛍石
アーカンソー州産水晶ポイント


電球:口金26mm、高さおよそ10cm×直径およそ5.5cm
使用ソケット:真鍮製 ロータリースイッチ式
コード:黒・ダブルコード



f0280238_20354811.jpg



おかげさまで現在開催中の東急ハンズ池袋店「創造素材の森」(10月14日~19日まで)の時計荘ブースにはたくさんのお客様にお越しいただいているようで、本当にありがとうございます!

納品した分の作品も多数旅立っていったようで、追加納品が決まりました。
明日納品するのは在庫分のガラス瓶(薬瓶・大2点と小2点)と、ジオラマ電球の新作吊り下げ型と置き型各一点です。


本日ご紹介するのはそのうちの一点、「道草」です。


f0280238_20400497.jpg


f0280238_20400854.jpg



この作品に使用しているのはニューメキシコ州産の八面体なのですが、ご愛顧に感謝しまして、とっておきの青の濃い、形の美しい、完全な正八面体のものを使用しています。
昨今急激に高騰してきていますが、この個体は私の古いコレクションからの放出で、当時はそこまでの価格ではなかったので結構ランクはいいものです。


f0280238_20400758.jpg



この種の蛍石は白熱灯下ではカラーチェンジします。
少し紫がかって見えますね。




f0280238_20480978.jpg



後ろに添えたのはアーカンソー州産の水晶の、姿美しく透明度の高いポイント3点。基本的にこのサイズの水晶というのは、もともと群小だったものが折れて、それを輸入してくるのでノーダメージなのは実は珍しいです。
選りすぐりの3点です。



f0280238_20400633.jpg




フィギュアはドイツのプライザー社製、HOゲージサイズの1900年代シリーズから、登下校中の少年。
実はこれも私の古いコレクションからの放出です。

欧米では蒸気機関車全盛の時代のジオラマを当時の建物・人々で再現する趣味があるためこの1900年代シリーズも需要があるわけですが、日本では住宅事情からHOゲージサイズの大きなジオラマを作ることが困難なのでもともと出回っておらず、また近年玩具のハイテク化・多様化により欧米の鉄道模型市場自体も縮小傾向にあるようで、なかなかこの種のフィギュアを小売店で見かけることはなくなってきています。






f0280238_20400544.jpg



レトロな通学カバンをしょっている後姿。
ドアノーの写真集に出てきそうな少年の装いですね。


このフィギュア自体は私が昔蒐集していたもので、古いので少し塗料が剥げている部分(帽子の一部、右手の甲、鞄のふち)もあり、画像で見るとだいぶ目立つような気もしますが、実際には1センチくらいのフィギュアなので、電球の中のジオラマに使用する分にはみすぼらしい域ではありません。
ただ、塗料が剥げている部分がある、ということはご了承ください。


f0280238_20354923.jpg

なお、この作品も少年の足元の緑の草むらに紫外線ペンライトをスポットで当てると蛍光します。
…が、実は今、池袋ハンズの売り場に私の手持ちの紫外線ペンライトを貸出し中で、撮影ができません…
ので、明日納品時に写真が取れれば、また明日画像を追加します。

もう一点の置き型電球に関しましても、明日更新したいと思います。


東急ハンズ池袋店「創造素材の森」、時計荘出展は今週末日曜日、19日まで開催です。
どうぞ奮ってお出かけくださいね!


にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます。

[PR]
トラックバックURL : https://zabiena.exblog.jp/tb/23130038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zabiena | 2014-10-16 21:17 | 鉱物ジオラマ | Trackback | Comments(0)