鉱物ジオラマ瓶(小)「遥かな祈り」



f0280238_21581940.jpg


本日もジオラマ瓶を一点ずつ二回に分けてご紹介いたします。
もう一点分につきましては後ほどもう一度更新しますので、どうぞよろしくお願い致します。



f0280238_22003871.jpg




鉱物ジオラマ瓶(小)「遥かな祈り」

鉱物:インド産緑魚岩石

瓶サイズ:直径約4cm(口径約2.5㎝) 高さ約8.5cm(蓋部分含む)




f0280238_22004159.jpg




f0280238_22004066.jpg




f0280238_22003952.jpg


本日まで自由になる時間が極端に少ない生活をしておりまして、撮影時間を選べなかったため、少し光が足りない条件下で撮影したので、緑魚岩石の色がはっきりと写りませんでした…
実際に肉眼で見るともう少し、色がはっきりしている印象かと思います。

昨今、インド産の緑魚岩石も円安の影響をモロに受けてジリジリと値上がってきており、この個体も前回の池袋ショーでの仕入れでは多少、高値での仕入れとなってしまった…のではありますが、どうしてもこの、儚く淡い緑に白い母岩、という組み合わせが好きで、つい作ってしまいます。



f0280238_22003673.jpg


フィギュアはHOゲージサイズの若い修道女。聖書を読んでいるポーズです。
…急いで撮ったため、糸くずが付いたままですが…実際に店頭に並ぶ際にはきちんとクリーニングされておりますのでご心配なく。



f0280238_22255559.jpg


こちらもヴィンテージのロシア製の腕時計のムーヴメントを添えてあります。
古いものなので、もともとサビやよごれはありますが、あえて取らずにそのまま使用しました。
このまま保管していても、多少サビが進むことは予想されますが、それは時の経過による味ということで作品の表現のうちです。
時とともに朽ちていく、というその感じがとてもすきです。


f0280238_22271844.jpg


f0280238_22271730.jpg



魚眼石自体は蛍光鉱物ではないので、ブラックライトを当てても変化はありませんが、後ろの草むらに人工の蓄光粒を花に見立てて撒いてあります。
ブラックライト照射時の他、お部屋の明かりを消した跡などにぼうっと光ります。



f0280238_21582008.jpg


本日は千葉では一日雨が降っておりましたが、都内では雪も見られたようですね。
雪の寒い日の、暖かな部屋、窓辺にこんな静かなジオラマをひとつ、いかがでしょうか。
どこからか、か細い不思議な聖歌と、小さな時を刻む秒針の音が聴こえてくるやもしれません。


本日はこのあともう一度、更新致します。



にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。押してくださると、更新の励みになります。
いつも応援してくださる方々、本当にありがとうございます

[PR]
トラックバックURL : https://zabiena.exblog.jp/tb/23580987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zabiena | 2015-01-21 22:33 | 鉱物ジオラマ | Trackback | Comments(0)